起動できないパソコンからデータを取り出した事例|パソコン出張修理レポート

起動できないパソコンからデータを取り出した事例

TOP症状チェック現場のレポート > パソコンからデータを取り出した事例

起動できないパソコンからデータを取り出した事例

パソコントラブルの出張修理依頼で、起動できなくなったパソコンからデータを取り出した事例をご紹介いたします。

パソコンが突然起動できなくなった場合、中に入っていたデータが使えなくなります。大事なデータですぐに使わなければならない場合には どうにかしてデータを取り出したいという事になります。

そのお客様は起動できなくなったパソコンは古いので、直さずに入っていたデータを別のパソコンに移動したいというご希望でした。 出張先に到着してみるとパソコンはスリム形のデスクトップで、たしかに電源が入りません。電源ユニットかマザーボードの故障のようでした。 パソコンのパネルを開けてみるとハードディスク(HDD)はCDドライブの下のほうにあるようです。 スリム形はスペースをうまく使って筐体を小さくしているためにその配置は機能的になっています。 CDドライブが取り付けられている金具はワンタッチで開いてHDDにアクセスできるようになっているものでした。

HDDを外して取り出し、変換アダプターに接続し、お客様がお持ちの別のノートパソコンに接続すると、カリカリと音を立ててHDDが認識しましたので HDDからメールデータ、デスクトップにあったデータ、マイドキュメントにあったデータなどをノートパソコンにコピーしました。 今回のように電源やマザーボードの故障で起動できなくなったパソコンの場合には、HDDの中に入っていたデータはほとんどの場合で救出が可能です。

基本料金の時間にまだ余裕があったので、お気に入りやアドレス帳、筆王などのデータが使えるようにノートパソコンでの設定を完了してパソコントラブル出張修理を終えました。 (記事作成日:2012年1月30日)

←前へ ‖ 次へ→

パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコン出張修理の現場からレポートTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?