パソコン出張修理レポート

起動すると英語のメッセージが出て落ちてしまう事例

TOP症状チェック現場のレポート > 起動すると英語のメッセージが出て落ちる

起動すると英語のメッセージが出て電源が切れてしまう

パソコントラブルの出張修理依頼で、起動すると英語のメッセージが出て落ちてしまうという事例をご紹介いたします。 出張修理ではこのような起動時の障害はよくあるほうですが、その原因はいろいろです。 今回の場合は、デスクトップパソコンで、起動するとすぐに画面に英語のメッセージが出るという事でしたので、 そのメッセージの内容をそのまま読んでもらって調べたところ、CPUファンの異常という部類のエラーメッセージでした。 CPUファンの異常の場合にはCPUファンの故障が考えられますので、念の為機種に合う部品を持参して訪問しました。

お客様宅に着いて早速パソコンを拝見しました。 電源を入れると、起動はするのですが、画面にCPUファン異常の英語のメッセージが出て電源が切れてしまいます。 まずはCPUクーラーのファンが回っているかどうかを確認する為、パソコンのケースを開けてみました。 開けてみると目に入ったのは、ケースの通気孔はもちろん、マザーボードや電源ユニットなどに、 すごい綿埃が溜まっていたことです。CPUクーラーの放熱板にもギッシリ詰まっています。

すぐに掃除…、と行きたいところですが、修理の場合には原因の特定をしなければならいので、 最初はそのままで電源を入れてみます。通常は電源を入れるとCPUクーラーのファンが回りだします。 温度によってはその後ファンが止まったりする場合もありますが、スイッチを入れて最初は必ず回るような仕組みになっています。 しかしこのパソコンは電源スイッチを入れてもCPUクーラーのファンは回りません。

気になったのがCPUクーラーの放熱板にもギッシリ埃が詰まっていた事で、まずCPUクーラーの放熱板を掃除しました。 すると、CPUクーラーの奥の放熱板に溜まった埃がCPUファンに引っかかっていました。 放熱板の埃をすべて綺麗に取り除き、次にパソコン内のすべての埃を取り除き、パソコンのスイッチを入れてみたところ、 今度はCPUファンが回りだし、起動時の英語のメッセージも出ず、Windowsのロゴが現れて正常に起動しました。

今回のパソコン故障は、CPUファンの奥の放熱板に溜まった埃のせいでCPUファンが回らなくなっていたのが原因でした。 ケースを閉めてもう一度起動して正常起動を確認して出張修理作業を終了しました。 (記事作成日:2013年1月1日)

←前へ ‖ 次へ→

パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコン出張修理の現場からレポートTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?