バックアップはどんなデータを保存すればよいか 故障しにくいパソコンの使い方

バックアップはどんなデータを保存すればよいか

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > バックアップはどんなデータを保存する?

パソコンに保存されているデータのうち、どんなデータをバックアップしておけばよいのでしょうか。 これは使う人それぞれで違うと思いますので一概には言えませんが、パソコントラブルの出張修理でお客様から依頼される共通するものというのは以下の通りです。

1.デスクトップのデータ
多くの人はデスクトップにいろいろなデータを置いている事と思います。フォルダを作ってその中に仕事のデータなどを入れておいたりしている方もいると思います。

2.マイドキュメント(Windows7などではユーザー名フォルダ)
マイドキュメントの中にはマイピクチャやマイミュージックといった種類別のフォルダがあり、 アプリケーションソフトによっては自動的にデフォルトの保存先になっていたりするので、知らないうちに使っていたりするかも知れません。 また、iTunesなどの音楽データもデフォルトではこの中に保存されます。

3.メールデータ
メールのデータやアドレス帳などもバックアップが必要なデータといえます。Outlook Express、Outlook2007などメールソフトによって 保存先が違います。
その他には筆王や筆まめなどのはがき印刷ソフトの住所録などがあります。これらのデータはマイドキュメント内にソフト専用のフォルダを作ったりして データが保存されているものが多いので、マイドキュメント内を確認してバックアップすればOKです。 パソコントラブルの出張修理でもパソコンデータのバックアップを行っていますのでお問い合わせ下さい。

パソコンの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?