バックアップはどんなメディアに保存すればよいか 故障しにくいパソコンの使い方

OSを含めたシステムドライブを丸ごとバックアップする

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > OSやシステムドライブのバックアップ

パソコントラブルの出張修理でハードディスクが修復不能な状態で交換しなければならないという場合があります。 そのような場合のほとんどはデータ救出ができないので、ハードディスクを交換後にOSをインストールする事になりますが、 データはもちろん購入後にインストールしたソフトなどもない状態に戻るので最初からいろいろな設定やソフトのインストールをしなければなりません。

このような場合に備えるよい方法としては、WindowsのOSを含めたシステムドライブ全体を丸ごとバックアップする方法があります。 システムドライブを丸ごとバックアップしておけば、ハードディスク交換になったとしても、その新しいハードディスクにいままで使っていたデータだけでなく、 ソフトや設定情報すべて元通りに戻す事が可能となるのです。

このようなシステム全体のバックアップをするには、バックアップソフトを使用しなければなりません。 Windowsにもバージョンやエディションによってはシステム全体のバックアプができる機能が標準でついているものもありますが、 市販品のほうが使い勝手がよいかもしれません。このようなソフトには、スケジュール機能があり、 毎日決まった時間などにバックアップできるのでバックアップを忘れたという事もなく、 データの増分バックアップ機能がついていて、毎日の変更された部分だけバックアップを追加できるのでバックアップ時間も短時間で済みます。

システム丸ごとのバックアップは必然的に容量が大きくなりますので、バックアップは外付けハードディスクやLAN接続型ハードディスクへの保存をお勧めいたします。 また、決まった時間などに自動的にバックアップされるので、常にバックアップを保存するメディアは接続していなければなりません。 (例:True Image

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?