無停電電源装置(UPS)を使って停電に備える 故障しにくいパソコンの使い方

無停電電源装置(UPS)を使って停電に備える

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > 無停電電源装置(UPS)を使う

パソコントラブルの出張修理で多い依頼の一つは起動障害です。パソコンが起動しなくなる故障ですが、多くはハードディスク(HDD)の障害です。 HDDは、物理的に情報を記録しておく装置なので、外からの衝撃に弱いだけでなく、停電などで突然電源が切れた場合にヘッドが磁気ディスクにキズをつけてしまうなどの 故障が起こってしまうのです。中には突然の電源断や衝撃が起きるとヘッドをすばやく退避させる機能がついたHDDも出ておりますが、それでも100%大丈夫というものではありません。

無停電電源装置(UPS) さて、落雷や突然の停電で電源が切れた場合の対策として、無停電電源装置(UPS:Uninterruptible Power Supply)というものがあります。 UPSの中にはバッテリーと直流電力を交流電力に変換するインバータが入っており、通常は電力会社の電源で通電しているのですが、停電になるとすばやく中のバッテリーに切り替わり、 停電することなくパソコンに電源を送り続ける事ができるようになっています。
但し、バッテリーの容量や接続されている機器の消費電力にもよりますが、電源供給時間は数分から長くても数十分なので、 通常はバッテリーに切り替わると、パソコンが自動的にシャットダウンできるようなシステムが組まれており、これによって 安全にパソコンが終了されるようになっています。

UPSには落雷による過電圧、過電流防止の機能(雷サージ防止)もあるので、サーバーなどはもちろんできれば一般のパソコンや周辺機器類もUPSを使って停電防止対策を しておく事をお勧めいたします。

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?