雷サージ対策をして落雷の過電流を防止する方法 故障しにくいパソコンの使い方

雷サージ対策をして落雷の過電流を防止する方法

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > 雷サージ対策をして過電流を防止する方法

夏になると、パソコントラブルの出張修理で落雷で停電になった後にパソコンの電源は入らなくなったという依頼が来たりします。 パソコンを使用している時はもちろん、パソコンの電源を入れていなくても雷に直撃されたり、近くに落ちたりした場合には 家庭用電気配線を伝って過電圧、過電流が起きでパソコンの他、電化製品が壊れてしまう事があるのです。

テーブルタップ これの対策としては、雷がきそうな時は、電源コードやLANケーブルを抜いておく事ですが、家にいない間に雷が鳴ることもありますので なかなか難しいですね。そんな時に手軽に予防できるものがあります。それは雷サージ防止付きのテーブルタップです。

パソコンやディスプレイ、プリンターなどの他、見逃しがちなのが、インターネットの光終端装置やモデム、ルータ、HUBなどのネットワーク機器の電源です。 これらの機器は常時電源が入っているため、落雷の過電流によって故障してしまう事が多いのです。

これらの機器を、雷サージ防止つきのテーブルタップから電源を取る事により、落雷の過電流を防止してくれます。 しかし、雷サージ防止つきテーブルタップを使ったとしても、必ず大丈夫という訳ではなく中には防止できない場合もありますが、故障になる確率が下がりますので 夏前に交換しておく事をお勧めします。

この他に雷対策として有効なものは、無停電電源装置(UPS)を使う事です。UPSを使うと、雷サージ防止機能があるだけでなく、 停電に対するバックアップ電源として働きますので、バッテリーの容量にもよりますが、数分〜数十分は電源をバックアップできるので、 パソコンが起動している時には、自動的にシャットダウンさせる機能を使って安全にパソコンを終了できます。

無停電電源装置(UPS)を使って停電に備える

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?