ノートパソコンの熱を逃がす方法 故障しにくいパソコンの使い方

ノートパソコンの熱を逃がす方法

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > ノートパソコンの熱を逃がす方法

パソコンは熱に弱いので、CPUには専用のクーラーがついていますし、デスクトップパソコンではケース内の熱を外に逃がすファンもついています。 しかし、ノートパソコンは容積を小さくしている関係上、大きなファンをケースに取り付けることは難しく、 排熱に関しては、ノートパソコンの外側のケースに直接熱を伝えて外に逃がすような構造を取るとともに、 CPUについている小型クーラーのファンを使ってCPU及びケース内の熱を同時に外に逃がすような設計になっているものが多いのです。

しかし、ノートパソコンは特に夏になるとその排熱が間に合わずにCPUの電源が落ちたり、フリーズしたりする障害が増えてきます。 パソコントラブルの出張修理の現場でもCPUやチップセットの熱が原因で電源が落ちてしまうパソコン修理依頼は夏場になると増えてきます。 このような場合、ノートパソコンの熱をうまく外に逃がすようにしなければなりません。簡単にできる事では、 特にパソコンの底面に通気孔がある機種などは少し底面を浮かせる工夫をする事です。 例えばパソコンの底の後ろ側に何か細い板切れのようなものを敷けば、後ろ側が少し浮きますのでその分底面の通気が良くなり、熱がこもりにくくなります。 これだけでも内部温度が数度は下がる実験結果があります。また、ノートパソコン専用のクーラーが市販されているのでこれを利用するのも良いと思います。 (例:ファン式ノートPCクーラー

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?