CPUの温度を測定する簡単な方法 故障しにくいパソコンの使い方

CPUの温度を測定する簡単な方法

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > CPUの温度を測定する簡単な方法

パソコントラブルの出張修理でもパソコンの熱が原因でパソコントラブルが起こったパソコンを修理する事があります。 パソコンは熱に弱いので排熱を効率よくする必要があります。では熱を出す部品はどんなものがあるのでしょうか。 パソコンの部品の中で熱を多く出す部品としては、CPU、ハードディスク、電源ユニット、チップセット(マザーボード上のLSI)などです。 その中でもCPUは多くの熱を出しますので、専用のクーラーがついております。 それはCPUが高温になってしまうとCPU自体が故障してしまうのを防ぐ為ですが、それでも何らかの原因でCPUの温度が異常に上昇すると、 ほとんどのパソコンはCPUを保護する為に電源が切れるような設計になっております。

ではパソコンのCPUの温度とは一体何度ぐらいなのでしょうか。そして適正な温度、異常な温度とはどれぐらいなのでしょうか。 通常のCPUの温度としてはパソコンを使用する部屋の温度などの環境にもよりますが、摂氏30度〜50度ぐらいとなります。 負荷がかかった状態でも60度台ぐらいです。これが70度以上となる場合には温度が高いので何らかの対策が必要となります。

ではCPU温度を測定するにはどうしたらよいのでしょうか。 簡単にCPUの温度を測定する方法としては、CPUが持っている内蔵温度センサーの値を読み取るソフトを利用する方法です。 マザーボードによってはBIOSの設定画面にCPU温度が表示される場合があります。 しかし、BIOSの温度表示はパソコンに負荷がかかった状態の温度がわからない為に、WindowsなどのOS上で負荷がかかるソフトが動作している状態のCPU温度は分かりません。 もちろんアイドル状態のパソコンの温度も大切ですが負荷がかかった状態の温度というのは、 パソコンの電源が落ちてしまうなどのパソコントラブルに直結するのでWindowsが起動した状態でCPUを測定したほうが良いと思います。 CPUを測定するソフトはフリーソフトのものが便利です。 (例:Core Temp日本語化サイト

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?