SSDを使用して衝撃に強いパソコンにする方法 故障しにくいパソコンの使い方

SSDを使用して故障しにくいパソコンにする方法

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > SSDを使用して衝撃に強PCにする方法

パソコンのハードディスク(HDD)は衝撃に弱く、特にノートパソコンなどは移動しながら使用する場合には気をつけなければなりません。 しかし、このHDDをSSDに変更する事により、衝撃に強いパソコンに変身させる事ができます。実は衝撃に強いだけでなくWindowsの起動やソフトの起動までも早くなるのです。

SSDとは Solid State Drive の略で簡単に言うとUSBメモリなどのようなフラッシュメモリでできている外部記憶装置の事です。 このSSDは、HDDと同じようにデータを保存したり読み出したりできるだけでなく、電源を切っても保存されたデータが消える事がなく今までのHDDと同じ使い方ができます。 さらに、SSDはHDDのような物理的に動作するモーターやヘッドがないので衝撃に強く、ヘッドが移動しないのでアクセスが速いとう利点があります。 さらにSSDはHDDと比べると重量も軽いのでノートパソコンなどに使う事により、衝撃に強く、起動が速く、軽いパソコンに変身させる事ができるのです。

しかし、SSDはHDDと比べると容量の割りに割高です。でも価格も年々安くなっているのでそのうちすべてがSSDに代わる日も近いかも知れません。 特に移動しながらパソコンを使う用途が多い方はすぐにでもHDDをSSDに変更するのを検討してみては如何でしょうか。 パソコントラブルの出張修理ではパソコン修理だけではなく、このようなHDDからSSDへの変更のような作業もやっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

パソコンの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?