デスクトップパソコンの地震対策(耐震、転倒防止) 故障しにくいパソコンの使い方

デスクトップパソコンの地震対策

TOP便利な使い方故障しにくいパソコン > デスクトップパソコンの地震対策

デスクトップパソコンが地震などで倒れてしまい、パソコンが起動しなくなったなどのパソコントラブルを防ぐために 耐震対策をしておく事をお勧めします。 デスクトップパソコンの多くは立てて使用していると思いますが、特にスリムタイプの場合には倒れやすいので対策が必要です。 費用がかからない方法としては、立ててあるパソコンを横にして使う方法ですが、この方法を取れるのはメーカー製のスリム型などで、 構造上、横にして使用する事が可能な機種の場合です。 それ以外は通風孔などの関係で横ににてしまうとパソコンが熱を持ってしまうなどのパソコントラブルにつながるのでやらないほうがよいと思います。

立てて使用するデスクトップパソコンの本体やディスプレイの場合にはやはり転倒防止の対策が必要となります。 デスクトップパソコンの本体の重量は重いので倒れてしまった場合、ハードディスクや他の部品の故障につながりますし、 接続されているケーブル類の端子部分などの破損などいろいろなパソコントラブルの原因になってしまいます。 では立てて使用するデスクトップパソコン本体の転倒防止や耐震対策はどうすればよいのでしょうか。

デスクトップパソコンやディスプレイの耐震対策としては、市販されている一般の耐震対策グッズで使えそうなものを利用する事もできますが、 パソコン用の地震対策グッズがありますのでそれを使用する事をお勧めします。 1つは転倒防止のストッパーでパソコンを壁や机や床に固定する方法です。また、簡易対策の滑り止めとして、 粘着ゴム製のストッパーをパソコンやプリンター、ディスプレイなどの底面に貼るような対策もあります。 パソコンを設定している場所など環境を考慮して対策を取ってください。 (例:パソコン用耐震グッズ

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスも行っております。自分では不安な方はどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?