パソコン出張修理ニュース

HTML5とは

TOPパソコン・インターネットニュース > HTML5とは

HTML5とは

HTML5とは、HTML4の次期HTML(HyperText Markup Language)の仕様で、ホームページを記述するマークアップ言語として現在策定が進められているものです。 HTML5の特徴として、いままでJavaFX、Flash、Silverlightなどで実現していた動的で表現力が豊富なWebページの作成を実現する新しいマークアップとAPIが追加されており、 Webアプリケーションのプラットフォーム機能及びマルチメディア要素が実装されました。

現在のHTMLの仕様はHTML4.01ですが、それは1999年から使われており、既に10年以上同じ仕様となっています。 確かにその間にHTMLからより厳格化したXHTMLを模索する動きがあり、現在はXHTML1.0の仕様で記述されているWebページも多いですが、 これらを柔軟に包括し、尚且ついろいろなプラグインで実現するしかなかったグラフィックス描画機能や動画や音声などのマルチメディア機能を持ったHTML5への移行は自然な流れと言えます。

主な新しい要素としては、動画再生のvideo要素、音声再生のaudio要素、グラフィックスを描画するcanvas要素などです。 また、ページ内容をより明確化する為のheader要素やfooter要素、メニューなどナビゲーションの為のnav要素、 セクションを定義するsection要素などがあります。その他の機能としてはデータをブラウザに保存できるようになりました。 それにJavaScriptから利用できるいろいろなAPIも備えています。 HTML5は2014年の正式勧告を目指して策定が進められています。 (2012年4月26日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?