パソコン出張修理ニュース

Microsoft サーフェス(Surface)とは

TOPパソコン・インターネットニュース > Microsoft サーフェス(Surface)とは

Microsoft サーフェス(Surface)とは

先日、米マイクロソフトは、自社でタブレット「サーフェス」(Surface)を発売すると発表しました。 それは、Windows8を搭載しているもので、Windows8 ProとWindows RTの2つのタイプがあるという事です。 マイクロソフトは自社でハードウェアを販売する事はめずらしく、Xboxなどゲーム機やマウスなどのパソコン周辺機器はありましたが、 パソコンやタブレットなどのパソコン本体を販売する事はありませんでした。

今回のタブレット端末の発売には、やはりiPadやAndroidなどのタブレット分野でWindows8のシェアを伸ばしたい戦略が見えます。 他のタブレットとの違いは2つのタイプがある点です。一つはARMプロセッサー向けのWindows8 RT版で、これはiPadやAndroidタブレットと同じように タブレットやスマートフォン用に最適化されたプラットフォームで、Windwos8用メトロスタイル専用のアプリケーションの動作のみとなり、 既存のWindowsパソコン用のアプリケーションなどは動作しないものです。

もう一つはWindows8 Pro版で、こちらのほうは、タブレットやスマートフォン用のメトロスタイルのアプリケーションに加えて、 既存のWindowsパソコン用のアプリケーションソフトも動作します。 これにより、iPadやAndroid版タブレットでは、既存のWindows用のソフトはインストールできませんでしたが、 Windows8 Pro版のサーフェスでは、パソコン用のアプリケーションが動作しますのでタブレットPC(スレートPC)そのものとなります。 パソコンと同じソフトが動作しますのでこちらのほうはビジネスでの活用が見込まれます。

また、RT版、Pro版ともに、本体を立てて使えるような工夫がされており、それに加えてカバーがキーボードになっているので タッチパネルのキーボードよりも入力がしやすい事も利点となります。スマートさを保ちつつ通常のタブレットとしてはもちろん、 ノートPCスタイルとしても使用できるようになっています。

実はマイクロソフトでは、サーフェス(Surface)というプロジェクトが以前からありました。それは「テーブル型PC」と呼ばれるもので テーブルの上がパソコンのディスプレイになっており、手で操作するものです。 今回発表したサーフェスと名前が同じなので、そのへんの経緯はわかりませんが、 今回のタブレットで「サーフェス」を発表した事で、テーブル型PCではサーフェスという名前は使われなくなると思われます。 サーフェスの発売は、Windows8の発売と同時期と思われますので今年の年末あたりではないかと思います。しかし、日本語版が出るのかどうかや、 日本語版出るとしていつごろになるかなどはまだ不明です。 (2012年6月21日)

参考:マイクロソフト製のタブレット端末「Surface」を動画で紹介

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?