パソコン出張修理ニュース

IEEE802.11ac(第5世代Wi-Fi通信)とは

TOPパソコン・インターネットニュース > IEEE802.11acとは

IEEE802.11ac(第5世代Wi-Fi通信)とは

最近はスマートフォンの普及やiPadやAndroidなどのタブレットが普及して、街の中でも公衆無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイントがどんどん増えつつあります。 この傾向は今後も通信キャリアなどによって加速してくるでしょう。 しかし、場所によっては同じチャンネルに十数個ものWi-Fi電波が飛びかうことによる通信障害も発生してきているようです。 そんな中、先日、パソコン周辺機器メーカーのバッファローが、IEEE802.11acに対応した無線LANルータを発表しました。 販売は12年度中にアメリカで発売する予定との事ですが、日本での発売はまだ未定です。

IEEE802.11acとは第5世代の無線LAN規格で通信速度は最大3.6Gbpsになり、現在の第4世代のIEEE802.11n(最大600Mbps)の通信速度の論理値で6倍になるといいます。 IEEE802.11ac(以下11ac)は、11aや11nと同じ5GHz帯の電波を使用しており、通信範囲も広く、いままでの規格と互換性がありますので、徐々に11acに対応した 器機が発売されて行けば高速で通信障害が起こりにくいWi-Fi通信が可能になるはずです。 尚、過去もそうでしたが、現在11acの規格は策定中で、器機が発売される事があってもそれはあくまでも11acのドラフト規格となります。 正式な認証は2012年末ごろの予定との事なので、本格的に11acの普及が始まるのは来年以降になるでしょう。
(2012年7月6日)

参考:バッファロー、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」対応製品を米国で発売

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?