パソコン出張修理ニュース

テザリング(tethering)機能とは

TOPパソコン・インターネットニュース > テザリング機能

テザリング機能とは何か

先月、アップル社からiPhone5が発売されました。 日本ではSoftbankとauからそれぞれ発売されておりますが、発表当初では、この2社の違いとして「テザリング」が使えるかどうかが話題となりました。 auは発売時からテザリングに対応していて、ソフトバンクはテザリングには対応していないというものです。 ソフトバンクはその後、ソフトバンク版iPhone5でもテザリングに対応する旨(当初2013年1月15日サービス開始とアナウンスし、その後2012年12月に前倒し)を発表しました。
実はこのテザリング機能はiPhoneの蚊帳の外であるNTTドコモでは既に昨年からサービスを開始しており、この夏バージョンのスマートフォンでは そのほとんどがテザリング機能が使えるようになっています。

テザリング(tethering)機能とは、スマートフォンをWi-Fiルータと同じように使える機能の事で正確にはWi-Fiテザリングといいます。 この他にUSBテザリングというのがあり、これはスマートフォンをパソコンなどにUSB接続してデータ通信端末として使う方法の事です。 単にテザリングというとWi-Fiテザリングを指すことが一般的です。

スマートフォンはもともと3GやLTEなどのキャリアが用意した通信インフラを使ってインターネットに接続する機能を備えております。 テザリング機能があると、スマートフォンのインターネット接続機能を、そのスマートフォン以外の通信端末でも使えるようになるというわけです。 その接続方法が無線LANの場合がWi-Fiテザリングで、USBで接続するのがUSBテザリングとなります。

Wi-Fiテザリングは、接続方法がWi-Fiなので接続ケーブルが不要というメリットの他に接続できる端末が複数でも接続可能という点があります。 機種によって最大接続端末数は違いますが概ね8台〜10台ほどの端末が同時に通信できるようになっています。 デメリットとしては、USBテザリングに比べると通信速度が遅くなるという点ですが、ホームページを閲覧するぐらいならその差はあまり感じられないと思います。 スマートフォンにWi-Fiテザリング機能があれば、スマートフォンと無線LANに対応したノートパソコンやWi-Fi機能のみのiPadなどのタブレット端末、 ゲーム機などで通信できるようになります。テザリング機能を使う場合の注意点としては、テザリングはバッテリーを消費する事と、 各キャリア共にデータ通信量に応じた帯域制限などがありますので確認してください。 パソコン出張サポートでは、テザリング機能があるスマートフォンとタブレット端末などの接続設定などもやっておりますのでご利用下さい。
(2012年10月08日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?