パソコン出張修理ニュース

Windows8のパッケージ版・DSP版の価格と予約開始

TOPパソコン・インターネットニュース > Windows8のパッケージ版の予約

Windows8のパッケージ版・DSP版の予約を開始

いよいよ来週10月26日に迫ったWindows8の発売ですが、10月12日よりWindows8のアップグレード用のパッケージ版や 新規インストール用のDSP版の予約が開始されました。 パソコンショップや家電量販店など各ショップの価格はほぼ同じような価格となっていて、 ビックカメラでの価格を例にすると、WindowsXP、WindowsVista、Windows7からWindows8 Professionalへアップグレードできる 「Windows 8 Pro」及び Windows8からWindows8 Professionalへアップグレードできる「Windows 8 Pro Pack」が同じ6,080円で このパッケージには32ビット用と64ビット用のインストールDVDが入っており、この価格は2013年1月31日までの特別価格となっています。 アップグレード版はパッケージ版の他にダウンロード版があり、こちらの価格は3,300円となっており、 今月26日の発売日より、http://windows.com/ でダウンロード購入出来るようになるという事です。これも同じく2013年1月31日までの特別価格となっています。

また、発売日の発表当初は不明だった新規にWindows8をインストールできるパッケージ版は、 DSP版に統一されており、Windows8を新規インストールできる「DSP版 Windows8」は10,800円、 新規にWindows8 Professionalをインストールできる「DSP版 Windows8 Pro」は15,800円となっていて、 32ビット版と64ビット版は別になっており、価格は同じになっています。 そして今回はWindows8発売記念パックとして、新規インストール用のDSP版 Windows8 Proと 窓辺ゆうと窓辺あいのそれぞれの新キャラクターのテーマパックディスクとマウスがセットになったものが19,800円で発売されます。

Windows8では新規にインストールできるものがDSP版となったことで、Windows7まで存在した新規インストール用の通常パッケージ版は 今のところ発売予定はないようです。その代わり今までハードウェア等と抱き合わせで購入しなければならなかったDSP版が単体で買えるようになりました。 パソコン出張サポートでは、Windows8のアップグレードや新規インストールの作業などもやっておりますのでご利用下さい。 (2012年10月19日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?