パソコン出張修理ニュース

Windows8が発売されました

TOPパソコン・インターネットニュース > Windows8が発売されました

Windows8が発売されました

昨日10月26日にWindows8が発売されました。先日お伝えしたアップグレード版やDSP版の他に、 Windows8がプリインストールされたパソコンやタブレット型ノートパソコンも発売され、パソコンショップや大手家電量販店の店頭に並んでいます。

新宿にあるヨドバシカメラの店頭には、各社のWindows8が搭載されたパソコンが展示されていていました。 特にソニーのスライドする事でキーボードが使えるタイプや富士通などのキーボードと分離できるタイプなど、 使い方がノートパソコンとしてもタブレットとしても使えるタイプのものが人気のようです。

ソニーのDuo11に実際にさわってみたのですが、タッチ操作は軽快に動作してとてもスムーズに動きます。 CPUがCorei5ですのでiPadやAndroidタブレットなどと比べるのもなんですが、 動きは抜群に良いです。タイルメニューの他に今までのデスクトップも表示でき、これも軽快に動作しています。 やはり今までのWindowsのソフトがタブレット上で動くというのはありがたい事です。

Duo11で意外に使いやすかったのが、「オプティカルトラックパッド」です。 オプティカルトラックパッドとはマウスの代わりになるもので、 ThinkPadなどでキーボードの中心付近にあるポインティングスティック(赤い突起が出ている)がありますが、 位置は同じような位置にあってポインティングスティックとは似て非なるものです。 オプティカルトラックパッドはポインティングスティックみたいにそれ自体を物理的に動かすのではなく、 オプティカルトラックパッド上に指をスライドさせるだけでマウスがその方向に動くのです。

ポインティングスティックでは思った所にマウスが移動しなくて慣れるまで苦労するのですが、 オプティカルトラックパッドは普通のマウスを使っているかのように目的位置へ合わせる事ができ不思議な感覚でした。 通常は画面のタッチ操作で問題ないのですが、今までのWindowsソフトを使う場合にはデスクトップ画面で操作しなければならない為、 画面上ではボタンやメニューが小さすぎて指で操作しにくいのです。その時にオプティカルトラックパッドは役に立つと思います。

しかし、ノートパソコンとタブレットの両用タイプのものはやはりパソコン機能が必要な人向けといえます。 それはどれも重量が1kgを超えていて、厚みもそれなりにあるので気軽るに持ち出せるという感じてはありません。 やはりiPadやAndroidタブレットと比較するにはWindows8 RTタブレットとなるのでしょうが、 店頭に展示されているものは、通常のWindows8が搭載されたパソコンとノートパソコンとタブレットの両用タイプのものがほとんどで、 タブレット版のWindows8 RTのものはまだありませんでした。 マイクロソフトから発表があったSurfaceにも触れてみたいのですが、まだ日本での発売のアナウンスはありません。 (2012年10月27日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?