パソコン出張修理ニュース

マイクロソフト「サーフェス Surface」を日本でも発売

TOPパソコン・インターネットニュース > Surface RTを日本でも発売

Windows8 RT版タブレット Surface RTが日本でも発売されます。

以前、Windows8発売時にもお伝えしましたが、マイクロソフトから諸外国で発売されていた「サーフェス(Surface)」が、 いよいよ日本でも3月15日に発売されます。今回発売されるSurfaceは、Windows8 RT版のSurface RTのタブレットとなり、 内蔵ストレージは32GBと64GBの2つのタイプとなるようです。

Surface RTは、ARMアーキテクチャのnVIDIA Tegra 3プロセッサを搭載しており、 解像度1366x768ピクセルの10.6インチの5点マルチタッチの液晶パネルを搭載しており、 メモリは2GB、カメラは前面、背面ともにHD720pのカメラを搭載しております。 入出力端子は、USB2.0(フルサイズ)x1、3.5mmヘッドホン、HD映像出力、microSDXCスロットなどです。 本体の重量は676gとなっており、10インチタブレットとしては標準となります。 バッテリーは最大約8時間の稼動となっております。 無線機能は、IEEE802.11a/b/g/n無線LANと、Bluetooth 4.0に対応しています。

製品タイプは2種類の内蔵ストレージの違いの他に、感圧式キーボード兼用の3mm圧のタッチカバーの有無の合計4種類となり、 価格については32GBタッチカバー無しが\49,800、64GBのタッチカバー無しは\57,800円、 32GBのタッチカバー付が\57,800、64GBのタッチカバー付は\65,800と発表されています。 タッチカバーは後でも\9,980(ブラック/ホワイト/シアンブルーの3色あり)で購入する事ができ、 他に厚み6mmの深いキーストロークがあるタイプカバー\10,980(ブラックのみ)も後日発売されるとの事です。

タッチカバーは、Surface RT裏面にあるキックスタンドを起こして傾斜をつけて立てた状態で使うと、 ちょうどノートパソコンのような使い方ができるので、文字入力には重宝するでしょう。 しかし、ストレージについては、実際のユーザ領域は32GBモデルで約16GB、 64GBモデルで約45GBとなるようですのでノートPCのような使い方については容量の面で少し物足りないかも知れません。 しかし、Surface RTは、いままでのWindowsのソフトは動作せず、 Windows8専用のストアアプリのみの動作となるので、パソコンとしてではなくiPadやAndroidタブレットのような タブレット専用マシンとして見れば問題ないのかも知れません。 Surface RTにはOffice2013 RTがプリインストールされているので、購入してすぐにWord、Excel、PowerPoint、OneNoteが使えるようになります。

気になるWindows8 Pro構成のSurface Proについては残念ながら今回は発表されませんでした。 Surface RTでは既存のWindows版のソフトウエアは動作しないため、今までのWindowsソフトをタブレットで使うという用途には使えません。 他のメーカーではWindows8 Pro搭載のタブレットが出始めていますので、 マイクロソフトのSurface Proの発売も期待されます。 (2013年3月2日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?