パソコン出張修理ニュース

マイクロソフトがWindows 8.1 Preview版を公開

TOPパソコン・インターネットニュース > マイクロソフトがWindows 8.1 Preview版を公開

マイクロソフトは6月26日 Windows 8.1 Preview版を公開

マイクロソフトは6月26日、Windows8のアップデート版であるWindows8.1のプレビュー版を公開しました。 プレビュー版は、マイクロソフトのサイトから誰でも無料でダウンロードする事ができるようになっています。 但し、もしパソコンに不具合が生じてもサポートが受けられないので、 インストールする方は自己責任でインストールして下さい。

Windows8からアップデートする場合には、インストールプログラム実行して起動後にストア画面よりアップデートできるようになっています。 また、WindowsXPやVista,7などからはISOファイルをダウンロードしてDVDメディアを作成してインストールできるよになっています。 この場合、Windows8と同様で、WindowsXPなどからは新規インストールとなりますので、 既存のデータはバックアップしてから実行して下さい。

どのように変更になっているかが気になるところですが、憶測されていたスタートボタンの復活は、 スタートボタンそのものは復活していますが、スタートメニューが開くわけではなく、 スタート画面に戻る動作になっています。 ここまでだたちょっとがっかりしますが、新しいスタートボタンは設定を変更できるようになっていて、 スタートボタンを押したときにアプリ一覧(スタート画面からすべてのアプリを表示したもの)を表示できるようになっています。 この表示にすると、アプリケーションソフトがアイコン形式ですがすべて表示され、デスクトップアプリを実行した場合は、 デスクトップ画面に戻って実行されますので、基本的にはスタートメニューと同じような使い方になります。

また、Windows8では、起動後の画面は必ずスタート画面になってしまい、常にデスクトップを使う場合でも、 スタート画面を経由しないとデスクトップを表示できなかったものが、起動後に直接デスクトップを表示する設定ができるようになりました。 また、スタートボタンを右クリックしたときにクイックメニューが出て、この中にシャットダウンや再起動が追加されております。 この機能により、従来のデスクトップスタイルで使用するユーザーにとって使いやすくなったと思います。 そのほかにも細かな点でいろいろな機能改善がありますがまたの機会にご紹介したいと思います。正式版は秋の予定です。
Windows 8.1 Preview版 ダウンロードサイト
(2013年6月30日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?