パソコン出張修理ニュース

マイクロソフトがWindows8.1を正式にリリース

TOPパソコン・インターネットニュース > マイクロソフトがWindows8.1を正式にリリース

マイクロソフトがWindows8.1を正式にリリース

マイクロソフトは10月18日、(日本時間17日20時)Windows8のアップデート版であるWindows8.1の正式配布を開始しました。 おおまかな変更点としては プレビュー版の紹介 を参照していただくとして、その他の変更点をご紹介いたします。 システムイメージのバックアップですが、Windows8では、「Windows 7 のファイルの回復」となっていた表記が、 「システム イメージ バックアップ」に変更されています。 Windows8なのになぜWindows7のファイルの回復などというユーザーに混乱する名称を使っていたのかは別として、 この修正により、混乱してわかりにくかった状況は解消されました。 また、IEが新しくなっており、InternetExplorer11が使えるようになっていたり、 スタート画面のアイコンであるタイルの大きさが、大、広い、中、小の4段階に変更が可能になりました。

アップグレードは、ストアからダウンロードで対応でき、Windows8やWindows8 Professionalからそれぞれの8.1へは無料でアップグレードできます。 (Windows8→Windows8.1 Proへは無償アップグレードはできません) 但し、アップグレード後に、インストールしていたストアアプリは再ダウンロードする必要があります。
また、特にWindows8でいろいろなデスクトップアプリケーションソフトウェアをインストールしている場合には、 インストールしているアプリケーションなどにより、アップグレード後に不具合が出る事が報告されています。 (このような場合でも弊社では パソコン出張修理をやっておりますのでどうぞご利用下さい)

パッケージ版は、新規インストール版として、Windows8.1版、Windows8.1 Professional版共に、32ビット版と64ビット版が入った通常版と、 新規インストールでも、32ビット版と64ビット版のそれぞれが別販売となっているDSP版があります。 DSP版は、従来のようなPC部品との同時購入の必要はありません。

また、Windows7からWindows8.1へのアップグレードに際しては、ユーザーデータは引き継がれますが、 Windows8の場合とは違い、デスクトップアプリケーションは引き継がれないようになっていますので、 8.1にアップグレード後にもう一度デスクトップ版アプリケーションソフトをインストールする必要があります。
(2013年11月4日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?