パソコン出張修理ニュース

Windows10の無償アップグレード開始

TOPパソコン・インターネットニュース > Windows10の無償アップグレード開始

Windows10の無償アップグレード開始

マイクロソフトの基本ソフトであるWindows10への無償アップグレードが、2015年7月29日に開始されました。 1年間はWindows7-SP1やWindows8.1からは無償でアップグレードできるようになります。 デスクトップのタスクトレイのWindows10の予約アイコンから無償アップグレードの予約をしているユーザーは 順次アップグレードの通知が来るようになっています。 無償アップグレードは1年間となる為、アップグレードする場合には2016年7月29日までに実行する事をお勧めします。

もし、アップグレードの通知が待てないユーザーは、マイクロソフトのサイトから直接Windows10にアップグレードすることが可能となっており、 ISOファイルをダウンロードして、DVDやUSBメモリからアップグレードする事も出来ます。
Windows 10 のダウンロード(マイクロソフトサイト)

サイトからアップグレードする場合は、対応したビット数のツールを実行すれば、 現在のOSのビット数とエディションに対応したWindows10がインストールされます。 例えば現在使用しているOSが、32ビット版のWindows7 Homeの場合には アップグレード後のOSはWindows10 Homeの32ビット版となり、 64ビットのWindows8.1 Proの場合は、アップグレード後はWindows10 Proの64ビット版となります。

ISOファイルをDVDやUSBメモリに焼いてインストールする場合にも、 アップグレード前のOSのビット数及びエディションに合ったISOファイルを使って、 インストールメディアを作成する必要があります。(32ビットと64ビットのハイブリットメディアの作成も可能) もしWindows10にアップグレード後に何か不具合があった場合には、アップグレードから1ヶ月以内なら、 元のOSに戻すことが可能となっています。

また、32 → 64ビットや、Windows7 Home → Windows10 Proなどのアップグレードをしたい場合は、 アップグレード後に、ライセンス変更(有償:エディション変更のみ)を行うか、 パッケージ版のWindows10を購入する必要があります。 但し、ビット数が変更になる場合にはデータの引き継ぎがでないクリーンインストールとなります。 また、WindowsXPや自作PCへのインストールの場合にもパッケージ版のインストールが必要となり、 これもクリーンインストールとなる為、WindowsXPのソフトやデータは引き継ぎが出来ないので、 データを移行したい場合にはバックアップ作業が必要となります。

パッケージ版は、当初はパソコン部品と一緒に購入するDSP版のみでしたが、2ヶ月経過した現在では、 USBメモリ(フラッシュドライブ)タイプの通常パッケージ版及びダウンロードの通常パッケージ版も販売されております。 今日現在、DSP版、パッケージ版、ダウンロード版の価格差はあまりないようなので目的に応じて購入すればよいでしょう。
(2015年10月1日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?