パソコン出張修理ニュース

Windows10のAnniversary Updateを公開

TOPパソコン・インターネットニュース > Windows10のAnniversary Updateを公開

マイクロソフトがWindows10のAnniversary Updateを公開

マイクロソフトは2016年8月2日(米国ロサンゼルス時間)、Windows10 Anniversary Update(Windopws10アニバーサリーアップデート:バージョンは1607、ビルドは14393)を公開しました。 これは、昨年11月に実施された、Windows10の累積アップデートを含む、ユーザーインターフェースの変更等を伴った大型アップデートの第2回目となります。 (バージョンを確認するには、設定→ システム→ バージョン情報を開くことで確認できます)

Windows10 Anniversary Updateをインストールするには、通常のWindows自動更新にて対応するので、 自動更新が有効になっていれば順次アップデートされるはずです。 しかし、今すぐにアップデートを適用したいユーザーは、下記URLより手動でアップデートする事も出来ます。
Windows10 Anniversary Update

また、USBメモリやDVDメディア等でクリーンインストールしたい場合には、 下記よりインストールメディアを作成する事も出来ます。
Windows10のダウンロード

さて、では今回の大型アップデートで何が変わったのでしょうか。 まず、ログオンの画面表示の変更や、スタートボタンをクリックして出るスタートメニューに変更が加わりました。 スタートボタンでは、常時すべてのアプリが表示されるようになり、電源、設定、エクスプローラ、ユーザーなどがアイコンで表示されています。

また、Windows Inkというアプリが加わり、画面に付箋を貼りつけたり、スケッチバッドや画面スケッチを使って、自由に手書きしたり、 画面に表示されているものをキャプチャしてそれに文字を書き込んだりできるようになりました。
(2016年8月6日)

変更点などの詳しい情報は、わかりやすく説明しているサイトがありましたので下記をご覧ください。
【まとめ】Windows 10 Anniversary Updateで変わること

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?