パソコン出張修理ニュース

Windows Vistaのサポートが終了しました

TOPパソコン・インターネットニュース > Windows Vistaのサポートが終了しました

Windows Vistaのサポートが終了しました

マイクロソフトの基本ソフトであるWindows Vistaのマイクロソフトによるサポートが2017年4月11日(米国時間)に終了となりました。 Windows Vistaは、OSそのものはWindows7がそれを踏襲していますので、優秀なOSであった事は確かです。 しかし、当時のマシンスペックでは、高いスペックのパソコンでなければ、快適に動作させるのが難しく、あまり利用されなかったOSというのも事実です。 今回のWindows Vistaのサポート終了は、もし今でもVistaを使用している方がいる場合には、新しいOSへの変更の後押しになるかも知れません。 それでも予算の関係や、Windows Vistaでしか動作しないアプリケーションソフトを使用している方など、 今後もWindows Vistaを使用する方もいるかも知れませんが、そのような方が、もしWindows Vistaを今後も使って行く場合、気をつけなければならないポイントなどを整理してみます。

Windows Vistaのサポートが終了するという事は、今後はWinwosUpdate(Windows自動更新など)が提供されなくなります。 その結果、今後時間が経つにつれて、Windows Vistaへの外部からの脅威に対して、どんどん弱くなって行くということになります。 具体的には、脆弱性をついたインターネットの外部からの攻撃に対して無防備な状態になってしまうため、 情報の漏えいや、使っているパソコンが踏み台にされて、知らず知らずに外部攻撃の加害者なってしまう恐れなどがあります。

ちなみに、マイクロソフトの無料セキュリティソフトであるMicrosoft Security EssentialsもWindows Vistaには新たにインストールする事は出来なくなりましたが、 既にMicrosoft Security EssentialsをVistaにインストールしていれば、それを使い続ける事は可能です。マルウェアの定義ファイルも更新されるようです。 しかし、Microsoft Security Essentialsをインストールしていない場合には、市販のセキュリティソフトをインストールしておくなどしなければなりません。 では、セキュリティソフトをインストールしておくことの他には何か対策はあるのでしょうか。 効果がある対策としては以下のようなものがあります。

1.Windows Vistaの最終更新版を適用しておく。

2.インターネットに接続しない。

3.社内LANなどからも切断する。

4.USBメモリなどを接続する前に、Windows10など最新OSがインストールされた別のPCでセキュリティチュックをしてから接続する。

Windows Vistaをこれからも使用する上で一番効果がある対策としては、やはり2番のインターネットに接続しないという事です。 もし、スタンドアロン(単独で運用が可能)なら、これで脅威は格段に減ります。 また、脅威は、LAN接続された別のPCやUSBメモリなどを介して来る事もあるので、3番、4番の対策も行えばさらにリスクは減るでしょう。

しかし、いずれにしてもこれらの対策では、パソコンの使い方が大幅に制限されてしまいます。 やはり最終的には、なるべく早く、Windows10などの最新のOSに乗り換える事をお勧めします。 もし、買い替えの際に、古いパソコンのデータを新しいパソコンに移動したいなどのご要望があれば、 弊社のパソコントラブル出張修理をご検討下さい。

(2017年4月11日)

パソコン・インターネットニュースTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?