パソコントラブルとパソコン修理の症例

ブラウザの最初の表示サイトやデスクトップの壁紙が変更された

TOP症状チェック故障や不具合 > ブラウザの最初のサイトやデスクトップの壁紙が変更された

ブラウザの最初のサイトやデスクトップの壁紙が変更された

パソコントラブルの出張修理で、自分で変えた覚えがないのにインターネットを閲覧中に何かの拍子でデスクトップ画面に違う写真が表示されてしまったというトラブルや、 インターネットエクスプローラなどのブラウザを起動した時の最初に表示されるサイトが別のサイトになってしまったパソコントラブルのチェック事項です。 以下のリストに従ってチェックしてみて下さい。

1.デスクトップの壁紙として表示されてしまった場合には、通常の変更ができるか確認します。 WindowsXPの場合にはデスクトップ上で右クリックしプロパティを選択し、「デスクトップ」タブをクリックして「背景」の中から 別の画像を選択してみます。WindowsVistaやWindows7の場合にはデスクトップ上で右クリックし、個人設定を選択し、 「デスクトップの背景」をクリックして画像の中から別の画像を選択してみます。

2.インターネットエクスプローラの場合には、メニューからツール→インターネットオプションに進み、 「ホームページ」の中にいつもの検索エンジンなどのURLを入れて適用ボタンを押して変更できるか確認してみます。 (メニューバーが出てない場合にはツールバーの空欄で右クリックしてツールバーにチェックを入れると見えるようになります)

3.症状が出た日付を記録しておきます。これはプログラムがシステムに登録されてしまった場合に探す手がかりとなる場合があります。

デスクトップの壁紙もインターネットエクスプローラの最初のページに設定されてしまった場合も上記で直ることもありますが、 システムに組み込まれてしまった場合には通常の設定画面から変更するのは難しくなります。3番の症状が出た日付を記録しておく事は システムに組み込まれてしまった場合の有力な手がかりとなります。 上に挙げたリストを確認する事により、ブラウザの最初の表示サイトが変更されたというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?