パソコントラブルとパソコン修理の症例

メールが送れない・受け取れない

TOP症状チェック故障や不具合 > メールが送信できない・受信できない

メールが送れない・受け取れない

パソコン修理依頼の中でもメールの送受信ができないトラブルはよくあります。インターネットは閲覧できるのに メールが受け取れない、あるいは送信できないなどの症状です。メールの送受信ができないパソコントラブルのチェック事項です。

1.インターネットは閲覧できるかの確認。基本的なことですが、メールが送受信できない場合インターネットは閲覧できるかを確認します。 もしインターネットも閲覧ができない場合にはメールの問題ではなくインターネット接続に障害がある可能性が高いからです。

2.メールの送信ができない場合、メールアドレスに間違いがないかの確認。メールアドレスの間違いでよくあるのがメールアドレスの 一部が全角文字になっている場合です。メールは半角英数字が基本となります。

3.メールの送信ができない場合、添付ファイルに大きなサイズのファイルを添付していないかの確認。現在のメールに添付できるサイズは 最高でも20MB以下ぐらいにして下さい。20MB以上のファイルを添付した場合、メールサーバーやプロバイダの仕様によっては送信できない場合があります。

4.届くメールもあるが届かないメールもあるような症状かどうか。ほとんどのメールは届いているが、一部の決まった送り元からのメールが届かない場合、 または逆に、ほとんどのメールは宛先に届くが、一部の決まった宛先に届かない症状かの確認。

5.メールソフトにOutlook Expressをお使いの場合、最適化を行っているかの確認。Outlook Expressの場合、メールボックスファイルのサイズ制限により、 メールの受信ができなくなる事があり、最適化を行う事で解決する場合があります。 但し、既にサイズ制限に達している状態で最適化を行うと保存されているメールが消える場合がありますのでなるべくパソコントラブル出張修理の依頼をお勧めいたします。

メールが送受信できない状態になる原因もいろいろありますが、主な原因としてはメールソフト(メールアカウント)の設定の問題、添付ファイルのサイズ制限、 メールアドレスの間違い、メールソフトの仕様(ボックスファイルのサイズ制限など)、プロバイダのメールサーバーの仕様変更、 加入プロバイダ、または送信先や送信元プロバイダやメールサーバーのセキュリティ仕様(スパムフィルターなど)、 セキュリティソフトのアップデートの不具合、Windowsシステムの不具合、ハードディスクの空き容量がないなどです。 上に挙げたリストを確認する事により、メールができないというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?