パソコントラブルとパソコン修理の症例

ノートパソコンに水をこぼしてしまった

TOP症状チェック故障や不具合 > ノートパソコンに水をこぼしてしまった

ノートパソコンに水をこぼしてしまった

パソコントラブルの出張修理依頼でノートパソコンに水をこぼしてしまったら起動できなくなったという依頼内容です。 特にノートパソコンは、パソコン本体がキーボードやディスプレイと一体になっている為、キーボードに水などをこぼした場合、 キーの隙間から下にあるマザーボードに水が浸入してしまい、基盤がショートして起動できなくなったりする場合があります。

もしこぼしたものが純粋な水の場合でパソコンが起動されていない状態の時はすぐに電源アダプターとバッテリーを外して逆さまにして水を本体になるべくしみ込まないようにして乾ききるまでしばらく放置します。 電源が入っていた場合にはすぐにバッテリーと電源アダプターを本体側から抜いて強制シャットダウンし、同じく逆さまにして水を出します。 強制シャットダウンはHDDの損傷の恐れがありますが、通常のシャットダウンを待っていたら基盤がショートしてしまう場合があるので、 その後の修復費用やトラブルの大きさと故障する確率から考えて緊急措置として強制シャットダウンします。 ノートパソコンに水をこぼしてしまったら起動できなくなったというパソコントラブルの場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.こぼしたものは何かの確認。例えば普通の水とかジュースとか。

2.こぼしてからなにか取った措置はあるか。

3.現在の状態はどうなっているか。

もし水や何かをこぼした場合はパソコンにダメージを与える前に電源を落とさなければなりません。パソコンの電源がついていなかったとしても、 マザーボードでは最小限の電気を消費しており、バッテリーと電源アダプターを抜いてこれらのすべての電気をシャットアウトしないといけません。 但し、既に起動できないなどの障害が起きてしまっていたらマザーボードなどの交換になる場合があります。 上に挙げたリストを確認する事により、ノートパソコンに水をこぼしてしまったら起動できなくなったというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?