パソコントラブルとパソコン修理の症例

パソコンが異常に熱くなる

TOP症状チェック故障や不具合 > パソコンが異常に熱くなる

パソコンが異常に熱くなる

パソコントラブルの出張修理依頼でパソコンが異常に熱くなるというパソコントラブルがあります。 パソコン本体が異常に熱くなる場合は、パソコンのケースの排熱処理がうまく行っていないか、CPUが異常に熱を持っていて冷却がうまく行っていない場合などが考えられます。

パソコンの部品はそのままでは熱を出す機械なので熱をうまく外に逃がすような設計になっています。その排熱システムがうまく働いていないという事になります。 熱を出す部品としてはCPU、電源ユニット、ハードディスク、マザーボードがあります。その中でもCPUは高熱になるので専用のCPUクーラーがついております。 また、ケース内の熱を持った空気を外に排出する為のファンがついている場合もあります。 パソコンが異常に熱くなるパソコントラブルの場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.パソコンの通風孔に埃が溜まっていないか確認する。

2.パソコンの排熱ファンは回っているか確認する。

パソコンが異常に熱くなる原因としては、CPUクーラーの故障、CPUクーラーのヒートシンクにほこりが溜まっている、パソコンケースのファンの故障、ケースの通風孔が埃で塞がっているなどが考えられます。 上に挙げたリストを確認する事により、パソコンが異常に熱くなるというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?