パソコントラブルとパソコン修理の症例

リカバリーCDをなくしたパソコンをリカバリーしたい

TOP症状チェック故障や不具合 > リカバリーCDをなくしたパソコンのリカバリー

リカバリーCDをなくしたパソコンをリカバリー

パソコントラブルの出張修理依頼でリカバリーCDをなくしてしまったが、どうしてもパソコンをリカバリーしたいという依頼を受ける事があります。 購入時にリカバリーCDやDVD(以下CDといいます)が付いてきたパソコンは、その付属のCDを使ってリカバリーを行います。 購入時にリカバリーCDがついてこない機種は、内蔵HDD内にリカバリー領域があるタイプで自分でリカバリーメディアを作成できるようになっていますが、 今回はHDD内にリカバリー領域がないモデルを対象とした内容となります。

メーカーや型番によって付属するリカバリーCDには2つのタイプがあり、1つはOSのインストールCDが独立しているタイプです。 このタイプには別にマザーボードのドライバーCDも付属します。特にDELLやHPなど外資系メーカーや、ショップモデルなどにこのタイプが多いです。 もう一つのタイプは、OS、ドライバー、ソフト類が1つに入ったインストールCDです。このタイプはCDの場合1枚では入りきらないので 数枚に分けて入っています。これは日本のパソコンメーカーに多いタイプです。 ではリカバリーCDをなくしたパソコンをリカバリーしてほしいパソコントラブルのパソコン修理依頼の場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.パソコンのメーカーと型番

2.Windowsのバージョンやエディションの確認

3.購入時の付属品で残っているものはあるかの確認。

インストールCDをなくしたパソコンをリカバリーする場合には、やはり2つの方法があります。 1つはメーカーからインストールCDを取り寄せする方法です。特にソフト類も入っている日本製メーカーの場合にはこれがないとソフトの再現ができません。 また、WindowsXPなどの場合にはマイクロソフトとのライセンス契約によって既に提供が終了している場合もあります。 もう一つの方法はOSを別に用意してドライバーはダウンロードする方法です。 この方法は外資系メーカーやショップモデルの場合にはほとんど問題なくリカバリーが可能です。

問題は日本のパソコンメーカー製などのソフトなども入ったインストールCDからインストールするタイプですが、 残念ながら購入時にプリインストールされているソフトはインストールする事はできませんので、 メーカーからインストールCDの取り寄せができない場合にはメーカーに修理を出さないといけません。 しかし、プリインストールされているソフトが不要な場合には、 WindowsはOSを別に用意してインストールし、ドライバーもダウンロードできる場合が多いのでWindows自体はリカバリーできる可能性は高いです。

メーカーや型番によってサウンドドライバーやビデオドライバーなどがメーカーサイトからダウンロードできない場合がありますが、 その場合には各チップメーカーサイト(海外サイトが多い)からダウンロードする事で対応できる場合があります。 上に挙げたリストを確認する事により、リカバリーCDをなくしたパソコンをリカバリーしてほしいというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?