パソコントラブルとパソコン修理の症例

リカバリーをしてほしい・パソコンを初期化してほしい

TOP症状チェック故障や不具合 > リカバリーをしてほしい

リカバリーをしてほしい・パソコンを初期化した後でデータを戻してほしい

パソコントラブルの出張修理依頼でリカバリーをしてほしいとかパソコンを初期化した後でデータを戻してほしいという依頼を受ける事があります。 長年パソコンを使っていてだんだん調子が悪くなり、すべて初期化したいがその前にメールデータやExcelのデータを退避させてリカバリー後に入れ直してほしいという依頼です。 パソコン修理をしていると、本当はリカバリーしたほうがよいケースでも、お客様によっては、大事なソフトがインストールしてあり、 そのソフトのインストールCDをなくしたりしてリカバリーができないので何とかこのまま使いたいので直してほしいという場合が多いのですが、 その逆にリカバリーしてパソコンをすっきりさせたいというお客様もたまにいるのです。でも今まで入っているデータやメールなどはリカバリー後も 使いたいわけでそのデータの退避と戻す作業が必要になるというわけです。 ではリカバリーをしてほしいとかパソコンを初期化した後でデータを戻してほしいパソコントラブルのパソコン修理依頼の場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.パソコンのメーカーと型番、購入時の付属品は揃っているかの確認。ショップモデルや自作の場合にはWindowsのインストールCDやマザーボードのドライバーCDが揃っているかの確認。

2.退避させて戻したいデータの確認。例えばメール、デスクトップにあるファイル、マイドキュメントのファイル、写真ファイル、音楽ファイルなど。

3.リカバリー後に再度インストールしたいソフトのインストールCDの確認。

パソコンをリカバリーする場合には、そのパソコンのメーカーや型番によって、リカバリーの方法が違ってきます。 以前はリカバリーCDからリカバリーするものがほとんどでしたが、最近ではハードディスク内にリカバリー情報の保存エリアがあり、そこからリカバリーできる機種も多くなってきました。 また、自作PCの場合にはWindowsのインストールCDやDVDから新規のクリーンインストールを行うものがほとんどです。 それから、リカバリーをすると購入後に入れたソフトも消えてしまいますが、ソフトはインストールするとシステムに組み込まれるものが多いので、 リカバリー後に再度インストールしなければなりませんのでそのソフトのインストールCDも用意する必要があるのです。 上に挙げたリストを確認する事により、リカバリーをしてほしい・パソコンを初期化した後でデータを戻してほしいというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?