パソコントラブルとパソコン修理の症例

アプリケーションソフトの削除ができない

TOP症状チェック故障や不具合 > アプリケーションソフトの削除ができない

アプリケーションソフトの削除ができない

パソコントラブルの出張修理依頼でアプリケーションソフトが削除できないので削除してほしいという依頼を受ける事があります。 インストールしたソフトの削除は、通常はコントロールパネルのプログラムの追加と削除から実行します。 しかし、削除中にエラーが出て、途中で削除が止まってしまい、正常に削除できない場合があります。 それでも削除するプログラムなので使用しなければそんなに問題はないかもしれませんが、 例えばそのソフトのバージョンアップ版が、旧バージョンが完全に削除されていない為にインストールできない場合があり、 その場合には完全に旧バージョンが削除できない障害があるのは困ってしまいます。 ではソフトが削除できないパソコントラブルの場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.削除中にフリーズや電源が切れたりしなかったか

2.削除できないソフトの名前

3.削除中にエラーメッセージが出た場合はそのメッセージ内容

4.もし新バージョンのインストール中にもエラーが出ている場合にはそのエラーメッセージ

ソフトの削除が失敗する主な原因としては、ソフト自体のバグ、Windowsシステムの不具合、HDDのエラー、ウイルスに感染したなどがあります。 アプリケーションソフトはインストールするとレジストリに登録されるものが多く、ソフトの削除は、ソフトそのものの実行ファイルのみ削除するわけではなく、 付随するファイルやレジストリに登録されている情報なども削除するよになっています。 この為に、ソフトの削除に失敗するとレジストリにそのソフトの情報が残ったままになり、これが原因で同じソフトの新しいバージョンのインストールが失敗する場合があるのです。 上に挙げたリストを確認する事により、アプリケーションソフトの削除ができないというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?