パソコントラブルとパソコン修理の症例

ハードディスクの容量不足・容量を増やしたい

TOP症状チェック故障や不具合 > ハードディスクの容量不足・容量を増やしたい

ハードディスクの容量不足・容量を増やしたい

パソコントラブルの出張修理依頼でハードディスク(HDD)の空き容量を増やしてほしいという依頼を受ける事があります。 パソコンの起動ドライブのHDDの空き容量が少なくなってくると、Windowsのシステムが不安定になります。 症状としては動作が遅くなったり、ソフトがエラーを起こしたり、フリーズしたり、メールが受信できなくなったりなど、 予期せぬトラブルが起きてきます。特にドライブCの空き容量が1GBを下回ってくるとシステムが不安定になってくることがあります。 ではHDDの空き容量を増やしたいパソコントラブルの場合のチェック事項ですが、以下のリストに従ってチェックしてみてください。

1.ドライブCの空き容量の確認。これはWindowsXPならマイコンピュータ、WindowsVistaやWindows7ならコンピュータを開き、 ドライブCのアイコン上で右クリックしてプロパティを選択すると全般タブ内で確認できます。

2.1番に続いてディスクのクリーンアップボタンを押して不要なファイルがあればチェックを入れてOKボタンを押して削除してみます。

3.起動ドライブは1つのパーティションになっているか、それともDドライブなど別のパーティションも存在するかの確認。 これは起動ドライブがパーティション分けされているかどうかという事の確認です。

ドライブCのHDDの容量を増やすプロセスとしては、まず必要ないファイルを削除して容量を空ける方法です。 しかし、これはそれほど容量を空ける方法としては期待できません。次に比較的大きな容量のデータを外付けHDDなどに移動する方法となります。 例えばマイドキュメント内に入っている写真データや音楽データや動画などは比較的大きなファイルですのでこれを外付けのHDDなどに 移動する事で起動ドライブの容量を増やす事ができます。また、パーティション分けされているドライブ、例えばDドライブなどがある場合で、 そのドライブに空きがある場合には、パーティションを切り直す事でドライブCの容量を増やす事ができます。 上に挙げたリストを確認する事により、パソコンのドライブの空き容量を増やしたいというパソコントラブルの出張パソコン修理を依頼する場合の参考にして下さい。

パソコントラブルの出張修理を依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?