パソコン出張サポートでよく依頼される内容のチェック事項

Microsoft Accessでちょっと教えてほしい所がある

TOP症状チェック故障以外 > Accessでちょっと教えてほしい所がある

Microsoft Accessでちょっと教えてほしい所がある

パソコン出張サポートの依頼では、Microsoft Accessでちょっと教えてほしい所があるというレクチャーをする依頼もお受けしております。 Microsoft Accessは、本格的なリレーショナルデータベースソフトウェアであり、Access独自のデータベースでスタンドアロンでも動作しますし、ネットワークでデータを共有したシステム作りも可能です。 また、他の形式のデータベースエンジンにODBC(Open DataBase Connectivity)で接続し、Accessのアプリケーションではクライアントとしての動作が可能ですので、 作成したアプリケーションは無駄にせずに使用できるようになっております。

Accessは、データベースエンジンとして動作するだけではなく、フォームやレポートといった強力なGUI、入出力インターフェースを備えていて、 さらに自動化の為のマクロ、データへのアクセスを行うクエリの他にVBA(Visual Basic for Applications)を備えているので 本格的なGUIを使った業務用アプリケーションプログラムが作れるようになっております。 しかし、Accessを勉強している方は、部分的なことが分からなかったり、こうしたいのだけれどうまく動作しなかったり、という所で躓いてしまい、 先に進めないという方も多いと思います。 そのような場合にAccessの部分的なレクチャーや作成をパソコン出張サポートでお受けしております。 Accessのレクチャーのパソコン出張サポートを依頼をする上での事前チェック事項です。
(※業務用アプリケーションソフトをすべて開発してほしいという場合には業務ソフト開発でお受けしており、出張サポートの場合とは別メニューになっていますのでご相談下さい)

1.やりたい事を具体的に事前に説明できるようにしておく。

2.元になるデータの用意をする。(テスト用データでもOK)

3.入力するGUIや出力するデータのフォームやレポートのイメージを簡単な手書きでもよいので用意する。

Accessでのレクチャーは、データベースの概念がある程度理解できる方からの依頼が多いのですが、 初めてデータベースソフトを使用する方にデータベースの概念からレクチャーする事もできますのでご利用下さい。 上記を確認する事により、Accessのレクチャーのパソコン出張サポートを依頼する場合の参考にして下さい。

パソコンの出張サポートを依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?