パソコン出張サポートでよく依頼される内容のチェック事項

離れた場所の様子をネットワークカメラで確認したい

TOP症状チェック故障以外 > ネットワークカメラを取り付けたい

ネットワークカメラで離れた場所の様子を確認したい

パソコン出張サポートの依頼で、ネットワークカメラを取り付けて離れた場所の様子を見たいという依頼です。 インターネットを使ってリアルタイムの動画を見る方法は大きく2つに分けられます。 一つはSkypeなどパソコン同士でテレビ電話形式で会話するときに使うカメラで、これは一般にはWebカメラ方式と呼ばれております。 Webカメラ方式は、基本的にカメラはパソコンに接続しますので、見たい場所にカメラが接続されたパソコンあり、そのパソコンが起動しており、 尚且つカメラの映像を外部に送信する機能を持ったソフトウェアがなければ見ることができません。

それに対してもう一つの方法は、一般にはネットワークカメラ方式と呼ばれている方式で、 この方式ではパソコンは設定時に必要なだけで、動作してしまえばパソコンは必要なく、カメラ単独で動作するものです。 つまり、ネットワークカメラにはネットワーク機能が内蔵されており、さらにWebサーバー機能もあって外部からはWebブラウザがあれば、 映像を見ることができるというものです。また、カメラをパン、チルト、ズームといった動作をリモートコントロールで操作する事ができるものもあります。 ネットワークカメラを取り付けて離れた場所の様子を見たいという依頼の場合には、 例えば、社長が自分の会社の事務所や工場の中を自分のパソコンから常に監視したいとかという監視が目的の場合が多いので、 このネットワークカメラ方式を使います。以下、出張サポートを依頼をする上での事前チェック事項です。

1.カメラを取り付けたい場所にはインターネット回線が引いてあるかどうか。

2.そのインターネット回線のプロバイダの確認。

3.カメラの入手方法(既に持っている、購入のアドバイスが欲しい)など。

4.設置場所とそれを監視する方法、例えばパソコンで見るとかスマートフォンやiPadやタブレットで見たいとか。

ネットワークカメラにもいろいろありますが、基本的にはネットワークに直接接続するのでパソコンがなくても動作可能です。 しかし、外部からアクセスするにはルータに外部からのアクセスを通してカメラを見られるようにする設定が必要となります。 それに、カメラ自体にもIPアドレスやポート番号などの設定がありますのでその設定はパソコンで行います。 また、外部からアクセスするにはWebブラウザや専用のアプリケーションソフトで行うのが普通ですが、 接続先は、基本的にはカメラを取り付けたルータのグローバルIPアドレスになりますので、 これを固定IPもしくはダイナミックDNSなどにより接続先情報が変化しないようにする必要があります。 固定IPは通常は月額数千円程度のランニングコストがかかるのが普通ですが、ダイナミックDNSサービスには月額数百円や、 中には無料で利用できるものもあるのでコストを抑える事ができます。 上記を確認する事により、ネットワークカメラを取り付けて離れた場所の様子を見たいという出張サポートを依頼する場合の参考にして下さい。

パソコンの出張サポートを依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?