パソコン出張サポートでよく依頼される内容のチェック事項

Windows7からWindows8にアップグレードしたい

TOP症状チェック故障以外 > Windows7からWindows8にアップグレードしたい

Windows7からWindows8にアップグレードしたい

パソコン出張サポートの依頼で、Windows7からWindows8にアップグレードしてほしいという依頼内容です。 Windows7をWindows8にアップグレードする場合は、アップグレードアシスタントを使用する事で、 インストール済みのソフト、Windowsの設定ファイル、個人用ファイルが引き継がれます。

しかし、Windows7の32ビット版からWindows8の64ビット版にアップグレードする場合には、アップグレードアシスタントが使えない為、 DVDなど他のインストールメディアからアップグレードを実行する必要があり、クリーンインストールとなります。 特にフォーマットを実行する場合はソフト、設定ファイル、個人用ファイルも引き継がれませんので、個人用ファイルは必ずバックアップする必要があります。 この時にフォーマットしない場合は個人用ファイルはWindows.oldというフォルダに入りますが、アップグレード後にそこから戻す必要があります。 フォーマットしない場合でも個人用データはバックアップしておいたほうが安全です。 Windows7からWindows8にアップグレードしたいというパソコン出張サポートを依頼をする上での事前チェック事項です。

1.パソコンのメーカーと型番の確認。自作の場合にはマザーボードのメーカーと型番を確認する。

2.現在のHDDの容量の確認

3.現在のメモリの容量の確認

4.Windows8のインストールファイルやディスクメディア、プロダクトキーの有無

Windows7が搭載されているパソコンの場合は、そのままWindows8のインストール条件を満たしていると考えて結構ですが、 念の為スペックは確認しておいたほうがよいと思います。また、Windows7で問題なくタッチ操作できたディスプレイでも、Windows8ですべてのタッチ操作ができるとは限りません。 それからWindows8のアップグレードがDVDメディアでなくダウンロードファイルの場合には、 Windows7の32ビット版からWindows8の64ビット版へのアップグレードができない為、DVD版を入手するかDVDなどの外部メディアを作成する必要があります。 上記を確認する事により、Windows7からWindows8にアップグレードしたいというパソコン出張サポートを依頼する場合の参考にして下さい。
この記事の最終更新日:2012年12月

パソコンの出張サポートを依頼する


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?