パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

BIOSの起動方法や設定方法

TOP便利な使い方 > BIOSの起動方法や設定方法

BIOSの起動方法や設定方法(BIOSとは何か)

パソコントラブルの出張修理や出張サポートで、パソコンが起動しないなどの症状の場合、 ハードディスクが認識しているかの確認や、ハードディスクやDVDドライブなどの起動順位の変更を設定する場合には、 BIOS(バイオス)の設定画面を出して確認や設定を行います。 BIOSとは、Basic Input/Output Systemの略で、マザーボードやそれに接続された周辺機器などの制御を行う部分で、 簡単にいうとハードウェアとOSとの間に入って各デバイスの入出力の橋渡しを司る部分となります。

通常のパソコン操作では、ユーザーはBIOSを意識する事はありません。 しかし、パソコントラブルが起こると、その症状によってはBIOSの設定画面での確認作業や設定作業が必要になる場合があります。 BIOSの設定画面での確認や設定が必要になる主なケースとして、ハードディスクやDVDドライブ、マウス、キーボードなどの、 データを入出力するデバイスがきちんと認識されているかを確かめる場合や、ハードディスク、DVD、フロッピーディスクドライブ、 USB機器などのブートシーケンス(起動順位)を変更する場合などがあります。 その他、BIOS設定画面で設定できる項目はいろいろありますが、CPUファンの制御、CPUクロックの変更などができるものもあります。

BIOSの設定変更は、BIOS設定画面を起動して行います。 BIOS設定画面の起動やメニュー構成は、マザーボードのメーカーや種類によって違いますが、 その多くは、パソコンの電源を入れた直後にパソコンメーカーのロゴや、マザーボードメーカーのロゴが表示されている間に、 F2キーやDELキーを押す事で呼び出す事ができます。起動直後の画面をよく見ていると、「F2:SETUP」などと表示されている場合がありますので、 そのキーを押すとBIOS設定画面が起動します。
※BIOS設定画面を起動する場合にはそれなりの知識や経験が必要ですので、必要なければむやみに設定画面を出さないほうがよいでしょう。

BIOS設定画面を出してみると、その多くは英語のメニュー画面が出てきます。 現在はAward、AMIという2つのBIOSメーカー(マザーボードのメーカーとは別)が多くを占めていて、 それぞれマザーボードメーカーやパソコンメーカーが独自に機能を追加したり変更したりできるようになっています。 日本のメーカー製パソコンなどでは日本語でBIOS設定画面を表示するタイプもあります。

BIOSを設定するには、通常はマウスは使えずキーボードでの操作になります。 キーボードの矢印キーやPageUp/PageDownキー、+/-キー、Enterキーなどで、設定を変更するものが多いです。 最後にその変更をマザーボード上にあるフラッシュメモリに保存しないと変更が有効になりませんので、F10キーや SAVEメニューから設定を保存すればOKです。 基本的にはキーボードで操作するBIOS設定画面ですが、最近の新しいマザーボードの中には、 マウスで操作できるものも増えており、BIOS設定画面にも変化が起きています。
(2012年8月17日)

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?