パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

xcopyコマンドで更新されたファイルだけコピーする方法

TOP便利な使い方ファイル操作 > xcopyコマンドの使い方

xcopyコマンドで更新されたファイルだけコピーする方法

パソコントラブルの出張修理などで、お客様のパソコンのデータを修復するような場合、 万が一の時の為にまず作業をするファイルのバックアップを取ってから作業を開始します。 バックアップは大事なファイルが破損したり、パソコンが起動できなくなったりした時に備えて行うものですので、 基本的には日々やっておかなければなりません。

例えば特定のフォルダをバックアップしたい場合、そのフォルダごと外付けのHDDなどにコピーすればバックアップされます。 ファイルの数が少なければ特に問題はありませんが、ファイルの数が多かったりファイルのサイズが大きかったりすると、 バックアップに時間がかかります。最初は仕方がないとしても、 2回目以降のバックアップもファイルを上書きする形でしますが、更新されていないファイルまで上書きされて効率が悪くなります。 できれば更新されたファイルだけバックアップする方法があれば時間の節約になるのですが、 今度はどれが更新したファイルがを調べる手間もかかります。

このような場合に便利なコマンドが「xcopy」コマンドです。 このコマンドはWindowsのコンソールのコマンドプロンプトから実行できるフォルダごとコピーできるコマンドで、 特定のフォルダ内にある更新されたファイルだけコピーする事も可能です。

xcopyコマンドでバッチファイルを作成し、それをタスクのスケジュールに登録する事により、 決まった時間に自動的にバックアップの処理を実行させる事も可能になります。 xcopyコマンドを使った特定のフォルダ内の更新されたファイルだけコピーする方法を解説します。

書式は、「xcopy コピーしたいフォルダのパス コピー先のパス 各オプション」となり、 以下の例ではドライブCのsampleというフォルダに入っているファイルすべてを 外付けHDDとして接続されたドライブEのbackupというフォルダ内のsampleのフォルダの中にコピーするというものです。

xcopy c:\sample e:\backup\sample\ /c /d /e /h /k /r /y

ここで設定されているオプションは、以下のようになります。
/c → エラーを無視する。
/d → 新しいファイルだけコピーする。
/e → サブフォルダもコピーする。(空であってもコピーします)
/h → 隠しファイルもコピーする。
/k → 属性もコピーする。
/r → 読み取り専用ファイルもコピーする。
/y → 無条件に上書きコピーする。
(この他にもオプションはありますが、バックアップ目的で使用するにはこれでOKです)

このコマンドを実行すると、最初はsample内のすべてのファイルや下層フォルダがコピーされますが、 2回目以降は/dオプションを指定しているので、新しいく出来たファイルや更新されたファイルだけがコピーされます。 これはコマンドプロンプトでそのまま実行してもよいのですが、 通常はメモ帳などでテキストファイルとして入力し、拡張子に「.bat」をつける事により、 バッチファイルとして保存しておき、それをタスクスケジューラで決まった時間などに実行させるようにすると、 簡易自動バックアップシステムとして使用できます。
(2013年05月17日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?