パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

PDFファイル作成 無料で使えるフリーソフト

TOP便利な使い方 > 無料で使えるPDFファイル作成ソフト

PDFファイル作成 無料で使えるフリーソフト

仕事でメールのやり取りをしている方なら、メールにDPFファイルが添付されてくる事も多いかもしれません。 また、パソコンの周辺機器などを購入すると、マニュアルがCD内に入っていて、それがPDFファイルになっている場合も多くなっています。 このPDFファイルとは、アドビ社が開発した電子ドキュメントのフォーマットで、Portable Document Formatの頭文字です。

PDFフォーマットには、パソコンで作成したWordやExcelなどのフォントや画像などの大きさやレイアウトなどを、 そのままの見た目を維持して保存できる機能が備わっているので、作成したソフトがない場合でも、 PDFファイルの表示ソフトである「Adobe Reader」(無料でAdobe社のサイトからダウンロードできる)がインストールされていれば、 どのパソコンでもそのままの見た目で表示する事ができ、また、印刷も可能になるので、現在最もポピュラーな電子文書交換フォーマットと言えるでしょう。

しかし、PDFファイルを見たり印刷したりすることはできても、逆に作るにはどうすればよいのでしょうか。 正式にはAdobe社のPDF作成ソフト「Adobe Acrobat」というソフトがPDFを作成するソフトとなります。 Acrobatは、独自の編集機能も備えていて、これ自体でPDFドキュメントを作成できるのですが、 しかし、このソフトは有料となり、Adobe Acrobat X Standard で現在3万円〜4万円、アップグレード版でも2万円ぐらいします。

そこで、それほど高機能ではなくても、編集は他のソフトで行って、その出力結果だけをPDFファイルに変換するソフトがあります。 これらのソフトはパソコンのプリンター機能を使っているので、印刷が可能なものならばどんなソフトで作成したドキュメントでも PDFドキュメントファイルとして保存できるようになっています。 この種のソフトは有料版でも安価ですし、無料で使えるフリーソフト版もたくさんあります。

ここでは、フリーソフトながら、PDFファイルだけではなく、JPGやBMPなどの画像ファイルにも変換できたり、 パスワードをかけたりできる「Bullzip PDF Printer 」というソフトをご紹介します。 Bullzip PDF Printer は、外国製のソフトですが、他の言語にも対応しており、インストール時に日本語を選択すると、日本語バージョンで使えるので非常に便利です。 一度インストールしてしまえば、PDFファイルを作成したい時に、通常の印刷メニューからプリンターをBullzip PDF Printerに指定すれば PDFファイルに変換されたファイルが出来上がります。Windows 2000/XP/Vista/7(32/64bit)に対応しております。

以下ダウンロードのリンクからCNET Download.comページへ行き、「Donwload Now」ボタンをクリックしてダウンロードして下さい。 ダウンロードされたたファイルを実行すると途中でツールバーなどのインストールオプションが出ますがこのオプションは直接Bullzip PDF Printerには関係ありませんので インストールしなくても結構です。 OPENのボタンを押すと圧縮されたセットアップファイル(これが本来のセットアップファイル)が出てきますので、 解凍、またはダブルクリックして開き、セットアップファイルを起動します。 セットアップファイルを起動すると最初に言語の選択画面が出ますので「Japanese」を選択して進みます。
ここから先のオプションは基本的にはそのままデフォルトでよいでしょう。
(2012年6月4日)

→ダウンロード:BullZip PDF Printer

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?