パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Twitterを自分のブログやホームページに設置する方法

TOP便利な使い方ホームページ作成 > Twitterをブログなどに設置する

Twitterを自分のブログやホームページに設置する方法

Twitter(ツイッター)は、140文字のつぶやきを投稿できるシステムで世界中に広まっているもので、 だれかのつぶやきを自分を介して再投稿する「リツイート」ができる事で、 一つの情報が急速に拡散できる要素を持ったサービスで使っている方も多いと思います。

また、ユーザーが他のユーザーを「フォロー」する事により、 フォローしたユーザーが投稿したつぶやきを、自分のタイムラインと呼ばれるところに 常に表示しておける仕組みがあるため、特定のユーザーや企業などからの情報を得るツールとしても使われています。

このように趣味からビジネスツールのような使い方までできるTwitterですが、 Twitterのサイトだけで見るのではなく、自分のブログやホームページに Twitterのタイムラインを表示する事により、ブログやホームページに訪れてくれたユーザーを 自分のTwitterに誘導するできて、より深く情報を発信したり、 フォローしてもらったりする事でコミュニケーションをとったりできます。

TwitterもFacebookと同じくタイムラインを公開できるツールがあり、 これを利用する事で簡単に自分のサイトにTwitterのタイムラインを表示する事が可能となっています。 ツールは公式なもの以外にもあるのですが、最近新しくなった公式のもので「埋め込みタイムライン」というウィジットを利用するのが簡単です。 以下のツイッターサイトのウィジェット作成ページで作成する事が可能です。
https://twitter.com/settings/widgets/new

作成できるウィジットは、通常のユーザータイムラインの他にお気に入りやリスト、検索も作成可能です。 ユーザー名に自分のアカウントを入力し、高さとテーマ(明るい・暗い)、リンクの色を指定し、 「ウィジットを作成」をクリックすればコードが取得できます。そのコードを自分のサイトの表示したい場所に貼り付ければOKです。 ちなみに幅は、貼り付けた場所の幅に自動的に調整されて表示されます。
(2013年5月10日)

パソコントラブルの出張修理では、パソコンの故障や修理以外でもこのようなホームページなどの修正や作成も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?