パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

パソコンのMACアドレスを変更する方法

TOP便利な使い方ネットワーク > パソコンのMACアドレスを変更する

パソコンのMACアドレスを変更する方法

ネットワークアダプターには製造メーカーによってつけられた重複しない物理アドレスであるMACアドレスがあります。 IPアドレスとは違い、通常このMACアドレスを変更する必要はありませんし、MACアドレスを変更できないネットワークアダプタも多いのですが、 もしMACアドレスを変更できるネットワークアダプタやルータを使っている場合では、 MACアドレスを変更したほうがメリットがあるケースがあります。

パソコン出張修理の例でいいますと、ある会社が取引先のシステムを使用する上でのセキュリティ上、 接続する側のパソコンのMACアドレスを登録してあり、そのパソコンでしか取引先のシステムを利用できないようになってるシステムで、 その唯一の接続できるパソコンのネットワークアダプターが故障してしまったという場合です。

そのようなシステムの場合は、新しいネットワークアダプターに交換後、新しいネットワークアダプタのMACアドレスを取引先に知らせて、 セキュリティをパスするように登録し直してもらえばよいのですが、その手続きに数日ほどかかるという事で、 その間仕事が止まってしまうという事でした。

先方のシステム担当者と連絡を取った結果、MACアドレスを旧ネットワークアダプタのものに変更して対応可能との事だったので、 その対応をした事例があります。このようなケースの場合にはMACアドレスを変更する事で会社の損失を防いだりできる場合があります。 それではネットワークアダプタのMACアドレスを変更する方法をご紹介いたします。
※但し、MACアドレスの変更に失敗すると、ネットワークアダプタが使用不能になる場合がありますので、 実行する場合には自己責任でお願いします。(弊社では責任が取れませんのでご心配な方は下記の出張修理をご依頼下さい)

1.MACアドレスを変更したいネットワークアダプタのプロパティを表示します。

2.「全般」または「ネットワーク」タブ内の接続方法の右側にある「構成」ボタンをクリック。

3.「詳細設定」タブをクリックします。

4.プロパティ欄に下記のどれかがあるか調べ、該当するものがあればそれをクリック。
 ・管理されているMACアドレス
 ・ネットワークアドレス
 ・ローカル管理されるアドレス
 ・Network Address
 ・Locally Administered Address

5.値のオプションボタンをクリックし、入力欄に設定したいMACアドレスを、12ケタの16進数(ハイフンは入りません)で入力してOKボタンをクリックすればOKです。

もし、4番に該当するものが1つもない場合には、そのネットワークアダプタのMACアドレスは簡単には変更できない可能性が高いです。 また、この事例のように変更するMACアドレスが故障したネットワークアダプターなどで、もう絶対に使用しないものの場合は問題ありませんが、 正常なネットワークアダプタのものと同じMACアドレスを設定するのは避けて下さい。
(2013年4月22日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスなども行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?