パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

パソコンのMACアドレスを調べる方法

TOP便利な使い方ネットワーク > パソコンのMACアドレスを調べる

パソコンのMACアドレスを調べる方法

パソコントラブル出張修理などで無線LANの設定をする場合があります。 この時にセキュリティを高める為に、無線LANに接続するパソコンを無線ルータに登録し、 登録したパソコン以外は無線LANに接続できないようにしたい場合があります。

このような時にパソコンの特定に使用するのがMACアドレス(Media Access Control address)です。 MACアドレスは、ネットワークアダプターに固有につけられた物理的なアドレスで、 ネットワークアダプターのメーカーが製造時に割り振っているもので、1つとして同じものがないアドレスとなります。

このMACアドレスを利用したフィルタリング機能がある無線LANルータの場合、 パソコンの無線LANアダプターのMACアドレスがわかればMACアドレスを利用したフィルタリングが可能です。 但し、このMACアドレスを後から変更できる機器もありますので完全なフィルタリングができるとう事ではありません。
以下にMACアドレスの調べ方をご紹介いたします。

■以下はWindowsのGUIを使う場合(WindowsXP以降)

1.スタート→コントロールパネル→ネットワーク接続 (Vista以降はネットワーク共有センターの左メニューからネットワークの接続またはアダプターの設定変更)をクリック

2.MACアドレスを確認したいネットワークアダプタをクリックします。

3.サポートタブ(Vista以降は全般タブ)の「詳細」ボタンをクリックします。

4.物理アドレス部分に表示される12ケタの16進数(通常は2ケタの16進数がハイフンで区切られて6つ並んだもの)がMACアドレスとなります。

■以下はgetmacコマンドを使う場合(WindowsXP以降)

1.スタート→ファイル名を指定して実行をクリック
ファイル名を指定して実行がない場合にはWindowsキー(Windowsのマークがあるキー)を押しながらRのキーを押します。

2.名前欄に「cmd」と入力してOKボタンをクリック

3.コマンドプロンプトが起動しますので「getmac」と打ち込んで、エンターキーを押す。

4.物理アドレス部分に表示される12ケタの16進数(通常は2ケタの16進数がハイフンで区切られて6つ並んだもの)がMACアドレスとなります。

getmacコマンドで取得したリストには、複数のアダプターが表示されている事があります。 どれか不明な場合にはipconfigコマンドで表示してみます。

■以下はipconfigコマンドを使う場合

1.スタート→ファイル名を指定して実行をクリック
ファイル名を指定して実行がない場合にはWindowsキー(Windowsのマークがあるキー)を押しながらRのキーを押します。

2.名前欄に「cmd」と入力してOKボタンをクリック

3.コマンドプロンプトが起動しますので「ipconfig /all」と打ち込んで、エンターキーを押す。

表示されるリストの中で、「ローカルエリア接続」は有線LANアダプターで、 「ワイヤレスネットワーク接続」は無線LANアダプタとなりますので、 参照したいアダプター項目内にある「Physical Address」または「物理アドレス」という項目の12ケタの16進数 (通常は2ケタの16進数がハイフンで区切られて6つ並んだもの)がMACアドレスとなります。
(2013年4月22日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスなども行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?