パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません

TOP便利な使い方ネットワーク > 「このコマンドを処理するのに〜」

「このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません」

ネットワーク内のWindowsサーバーやパソコンの共有フォルダにアクセスしようとすると、
「このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。 アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。 このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません。」

というメッセージが出て共有フォルダにアクセスできない場合があります。 これは、接続先のサーバーやパソコンのIRPStackSize(I/O 要求パケット「IRP」のスタック ロケーション数)が小さい場合に発生するようです。 IRPStackSizeを大きく設定することにより改善します。 それではIRPStackSizeを変更する方法をご紹介いたします。レジストリエディタを使用しますので自己責任で行って下さい。

1.スタート → ファイル名を指定して実行をクリックする。 (ファイルを指定して実行」がなければデスクトップを表示している状態でWindowsロゴキーを押しながら「R」キーを押します)

2.名前に「regedit」と入力してOKを押します。

3.以下のキーをたどります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

4.「IRPstackSize」をクリックして、「10進」を選びます。

5.値のデータの部分に「15〜32」(3の倍数)を入力して「OK」を押します。

6.「IRPstackSize」がない場合には 一覧の余白部分で、「右クリック」-「新規」-「DWORD値」を選びます。

7.「新しい値 #1」の名前を「IRPstackSize」にします。

8.「IRPstackSize」をクリックして、「10進」を選びます。

9.値のデータの部分に「15〜32」(3の倍数)を入力して「 OK」を押してレジストリエディタを終了し再起動します。
(2013年5月11日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもこのような作業やアドバイスなども行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?