パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

WindowsパソコンのDLNAメディアサーバー機能を停止する方法

TOP便利な使い方ネットワーク > メディアサーバー機能を停止する方法

WindowsパソコンのDLNAメディアサーバー機能を停止する方法

Windows Vista以降では、パソコンをDLNAに対応したメディアサーバーとして使用できるようになっていて、 他のDLNA対応のデバイスからパソコンに入っている音楽やビデオを再生して楽しめます。 Windows7以降ではこの機能がデフォルトで有効になっていますので特に設定などしなくてもメディアサーバーとして他の器機から認識されます。

パソコンをメディアサーバーとして使用している場合はよいのですが、逆にパソコンをメディアサーバーとして使用しない場合には、 他のDLNA対応のデバイスに表示されるのが煩わしい場合があります。 例えばパソコンが複数あるような場合などは、テレビなどのメディアサーバー一覧の中に使用しないパソコンのメディアサーバーが ごちゃごちゃと表示されてしまうからです。 そこで、パソコンで使用しないメディアサーバーを停止する方法をご紹介したします。

1.Windows7及びWindows8ではコントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター → 共有の詳細設定の変更と進みます。
  (WindowsVistaでは、コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター)

2.Windows7では「パブリック」、Windows8では「すべてのネットワーク」の項目の↓ボタンをクリックします。
  (WindowsVistaでは「共有と探索」エリア内の「メディア共有」の↓ボタンをクリック)

3.メディアストリーミング項目内の「メディアストリーミングオプションの選択」をクリックします。
  (WindowsVistaでは「変更」ボタンをクリック)

4.デバイスの「全て禁止」ボタンをクリックしてOKボタンを押して完了です。
  (WindowsVistaでは「メディアを共有する」のチェックを外してOKボタンをクリック)

(2013年2月16日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?