パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

パソコンを無線アクセスポイントとして使う方法

TOP便利な使い方ネットワーク > パソコンを無線アクセスポイント化

パソコンを無線アクセスポイントにする方法

最近は街の中でも無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイントを設置しているお店なども増え、 カフェや駅構内などで公衆無線LANサービスにスマートフォンやiPad、タブレット端末などを接続して使っている方もいると思います。 無線LANの利点としては3Gなどでのデータ通信よりも速度が速い点です。

さて、スマートフォンやiPadなどを自宅で使用する場合、無線LANルータなどを使ってアクセスポイントに接続しますが、 自宅に有線LAN環境しかない場合、もし無線LAN子機が内蔵されたノートパソコンなどがあれば、 そのパソコンを無線LANルータ代わりに使用する事ができ、スマートフォンやiPad、タブレット端末、ゲーム機などを無線LANに接続する事が可能となります。

また、例えば出張先のビジネスホテルや、旅行先のホテルなどでは、ロビーでは無線LANが使えたとしても、 部屋の中までは無線LANは使えないと思います。また、ホテルの部屋で3GやLTEの電波が入りにくい場合などもあるでしょう。 このような時にはホテルの部屋では有線LANが使える場合が多いので、 無線LAN子機が内蔵されたノートパソコンがあれば、有線LANでパソコンをインターネットに接続した後、 パソコン自体を無線LANアクセスポイントとして動作させ、スマートフォンやiPad、タブレット端末、ゲーム機などを楽しむ事ができるようになります。

パソコン出張修理の現場でも、メインの修復作業を終了した後、有線LANの環境しかないお客様から、 買ったばかりのスマートフォンや3GのiPadを無線LANに接続したいという相談を受ける場合もあります。 もちろん無線LANルータなど購入して接続する事をアドバイスしますが、お客様が無線LAN子機内蔵のパソコンをお持ちの場合には、 その場でこの接続方法をして、暫定的にでも無線LANで3Gより速度が速いインターネット接続環境を作る場合もあります。

それではWindowsパソコンを無線LANアクセスポイントにする方法ですが、いくつか方法があります。 1つは、ICSという方法です。この方法はパソコンが無線LANルータみたいな動作をし、 接続される無線LAN機器のネットワークは上位のネットワークとは別のネットワークとなり、 パソコンがDHCPサーバーとなって上位のネットワークとは別のIPアドレスが振られますが、 インターネットに接続するのが目的の場合にはICSで問題ありません。

2つ目がブリッジ接続する方法です。この方法はノートパソコンをルータ機能のないアクセスポイントとして使用し、 IPアドレスは上位の有線ルータなどから自動取得できますので、インターネット接続だけでなく、 上位のネットワーク内にあるパソコンなどの共有ファイルなどにもアクセスが可能となります。

3つ目は、最近の出てきた無線LANアクセスポイント機能が入った無線LAN子機を使う方法です。 この方法は、各無線LAN子機のメーカーが独自に機能を付加しておりますので無線LAN機器の各メーカーのホームページをご覧下さい。

さて、実際の接続方法ですが、とてもわかりやすく説明されているサイトがありますのでこちらを参考にしてみて下さい。 Windows7の場合にはVitaの方を参考にして下さい。
(2012年8月27日)

ノートPCの無線LANアクセスポイント化(Windows XP)
ノートPCの無線LANアクセスポイント化(Windows Vista)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?