パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

自由に使えるポート番号は何番を使えばよいか

TOP便利な使い方インターネット > 自由に使えるポート番号

自由に使えるポート番号は何番か

外出先から社内の複数のパソコンにリモートデスクトップで接続する時や、複数のネットワークカメラに接続する場合には、 接続される側が通常のブロードバンドルータの場合、ポートフォワードで接続したい機器やソフトウェアに重複しないポート番号を使って振り分けなければなりません。 この為には接続される機器やソフトのほうの2台目以降にはデフォルトではないポート番号を設定しなければなりません。 また、セキュリティの観点から1つの機器やソフトだったとしてもデフォルトのポート番号を変更したい事もあるかも知れません。 ではこの場合のポート番号は何番を使えばよいのでしょうか。

ポート番号は0番から65535番までありますが、それには3つのタイプがあり、以下のようになっています。

・0番〜1023番 well-known port(ウェルノウンポート)
 予約済みポートで用途が決まっていてユーザーは使えません。

・1024番〜49151番 registerd port(登録済みポート)
 予約済みポートでやはり使わないほうがよい番号です。

・49152番〜65535番 dynamic port(ダイナミックポート)
 ユーザーが自由に使えます。

この事から、ユーザーが自由に使う事ができるポート番号は49152番〜65535番の範囲となります。 この範囲のポート番号は、クライアント側のアプリケーションが、使用していないポートを自動的に割り当てて使いますが、ユーザーも自由に使う事ができます。 ユーザーがポート番号を変更したり指定したりするネットワークシステムの注意点としては、そのポート番号の管理が必要になります。 特に外部からルータのポートフォワードを使ってLAN内の同じプロトコルの複数の機器に接続する場合にはポート番号を重複する事ができませんので、 使用しているポート番号の一覧表などを作成して管理する事が重要です。

参考までに、主な予約済みポート番号一覧
20/TCP :FTP-DATA(FTP)
21/TCP :FTP (FTP)
22/TCP :SSH (SSH)
23/TCP :TELNET(TELNET)
25/TCP :SMTP(メール送信)
80/TCP :HTTP(Web)
110/TCP :POP3(メール受信)
123/UDP :NTP(時刻同期)
137/TCP,137/UDP :NETBIOS-NS(ファイル共有)
138/TCP,138/UDP :NETBIOS-DGM(ファイル共有)
139/TCP,139/UDP :NETBIOS-SSN(ファイル共有)
143/TCP :IMAP4(メール受信)
443/TCP :HTTPS(Webセキュリティ)
445/TCP :ダイレクトホスティングSMBサービス(ファイル共有)
587/TCP :Submission(メール送信)
161/TCP :SNTP(時刻同期)
1723/TCP :PPTP(VPN)
3389/TCP :リモートデスクトップ

(2012年05月16日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?