パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

システムのプロパティの使用者名を変更するには

TOP便利な使い方 > システムのプロパティの使用者名の変更

システムのプロパティの使用者名を変更する

パソコン出張修理や出張サポートで訪問している時、メインの修理が終わった後でお客様からパソコンについて質問を受ける事があります。 そのような質問の中に、システムのプロパティの使用者名を変更できないかというものがあります。 WindowsXPでは、システムのプロパティの全般タブに「使用者」という項目があり、そこにはWindowsXPをセットアップした時に入力した 使用者名が表示されています。しかし、パソコンを友達から譲ってもらった場合や中古品を購入したような場合には、 使用者名は自分とは違う名前が表示されているのが普通です。

もちろんこの使用者名が自分と違うからと言ってパソコンが使えないわけでもないのですが、何となくできたら自分の名前や会社の名前に変えたいと思う人もいるでしょう。 しかし、この使用者の項目を変更するメニューは用意されていない為、後から変更するにはリカバリーをしなければなりませんが、 わざわざこの為だけにリカバリーをするのは大変です。 実はこの使用者の部分はレジストリに登録されている為、直接レジストリを変更する事でこの使用者名を変更する事が可能です。 レジストリの変更にはレジストリエディタを使います。

※レジストリはシステムやインストールされているソフトウェアなどの設定値を保存している部分です。 もし間違ってレジストリの値を変更や削除をしてしまうとWindowsが起動できなくなってしまう場合もあります。 お客様自身がレジストリの値を変更する場合は弊社では責任を取れませんので自己責任で注意して行って下さい。
(2012年05月16日)

1.スタート → ファイル名を指定して実行 をクリック

2.名前の部分に「regedit」と入力してOKをクリック

3.レジストリエディタが起動するので左ペインで以下のキーを辿る
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion

4.右ペインで「RegisteredOwner」をダブルクリックして直接使用者名を変更してOKボタンをクリック (ちなみに「RegisteredOrganization」は組織名を変更できます。)

5.レジストリエディタを終了してパソコンを再起動すれば完了

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?