パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

エクスプローラからshellコマンドでフォルダを開く

TOP便利な使い方ファイル操作 > エクスプローラでshellコマンドを使う

エクスプローラからshellコマンドでフォルダを開く

パソコン出張修理の現場ではパソコンの特殊フォルダを頻繁に開いたりします。 特殊フォルダとはコントロールパネルやプリンター、フォントフォルダなど、エクスプローラで開くと通常のファイルフォルダとは違い、 システムに関するもので独自にレイアウトされたフォルダなどです。 この時に現在開いているフォルダから別のフォルダを開くときに、エクスプローラのアドレスバーに「shell:開きたい特殊フォルダ」のように 入力してエンターキーを押す事でその特殊フォルダを一発で表示する事が可能です。

例えばマイコンピュータを開いた状態で、上部にあるアドレスバーに「shell:sendto」と打ち込んでエンターキーを押してみて下さい。 SendToフォルダが表示されたと思いますが、これは右クリックして「送る」を選んだ時に出るメニューの中身となり、 ここによく開くフォルダなどのショートカットアイコンなどを入れておけば選択したファイルを一発でそのフォルダに送る事ができたりします。 (2012年5月16日)

それではshell:〜で開ける代表的なフォルダをご紹介します。

shellコマンド起動フォルダ
shell:Fontsフォント
shell:PrintersFolderプリンター
shell:Startupスタートアップ
shell:Quick Launchクイック起動
shell:SendTo送る
shell:Recent最近使った項目
shell:FavoritesIEのお気に入り
shell:HistoryIEの履歴
shell:Cacheインターネット一時ファイル
shell:Cookiesクッキー
shell:RecycleBinFolderごみ箱
shell:ControlPanelFolderコントロールパネル
shell:Desktopデスクトップ
shell:Personalマイ ドキュメント
shell:My Musicマイ ミュージック
shell:My Picturesマイ ピクチャ

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?