パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

スタートアップに登録されたプログラムを解除する方法

TOP便利な使い方ファイル操作 > スタートアップにあるプログラムを解除する

スタートアップに登録されたプログラムを解除する方法

Windowsには、登録したプログラムをパソコンを起動した時に自動的に実行する「スタートアップ機能」が備わっています。 これにより、特に必ず使用するソフトが複数ある場合などはパソコン起動してすぐに使う事ができて便利です。 しかし、以前はよく使っていたが、最近は使わなくなったソフトが登録されていると、こんどは起動されたソフトを閉じる操作が必要になり、 逆に煩わしくなってしまいます。パソコントラブル出張修理でもこのような依頼がありますが、パソコントラブル出張修理で依頼されるのは、 簡単に削除できないようにインストールされてしまった迷惑プログラムなどの場合が多いです。

実はスタートアップにはユーザーが簡単に登録や削除ができる主にアプリケーションソフトをスタートアップさせる スタートアップフォルダ機能と、主にシステムやバックグラウンドで動作する常駐モジュールなどを読込むためのシステムスタートアップがあります。 スタートアップフォルダは、そのフォルダに実行したいソフトのショートカットアイコンをコピーしたり削除したりすることによって、 簡単に登録や解除が行えますが、システムスタートアップに登録されたプログラムは簡単には削除できなくなっています。

まずスタートアップフォルダにアクセスする方法を解説します。 スタートアップフォルダは、ユーザー個別のものと、そのパソコンに登録されているユーザーのすべてに対するものの2つの種類があり、 あるユーザーでロクオンしていると、この2箇所のフォルダに登録されているプログラムが以下で説明するスタートアップに一緒に表示されるようになっています。 このスタートアップに登録されている目的のショートカットアイコンを削除すれば次回パソコンを起動した時にはそのプログラムは実行されません。 以下は、必要なくなったプログラムを解除する方法です。

1.スタートボタン → すべてのプログラム → スタートアップと進みます。

2.スタートアップ内に登録されたプログラムが表示されるので、解除したいプログラム上でマウスを右クリックし、 「削除」をクリックすれば完了です。

もし、このスタートアップフォルダに、目的のプログラムのアイコンがない場合には、 それはシステムスタートアップに登録されている可能性があります。

次はシステムスタートアップを確認する方法です。

1.スタートボタン → すべてのプログラム → アクセサリ → システムツール → システム情報をクリックします。

2.左ペインから ソフトウェア環境 → スタートアッププログラムをクリックします。

3.右ペインにスタートアップに登録されているプログラムが表示されす。

このシステム情報の中に表示されるスタートアップ項目には、スタートアップフォルダのものもあります。 「場所」の部分に「スタートアップ」と表示されているものが、ユーザースタートアップフォルダに登録されているもので、 「共通スタートアップ」がすべてのユーザーに登録されているプログラムとなります。 これとは別に「HK〜」から始まっているものありますが、これはシステムスタートアップに登録されているもので、 解除するにはレジストリの操作やシステム構成ユーティリティでの操作が必要になってきます。 また、スタートアップフォルダのようにショートカットアイコンが表示されるわけではありませんので、 目的のプログラムがどれかを特定するのも簡単ではない事が多いです。 以下はシステム構成ユーティリティ及びレジストリでのアクセスの方法です。

※システム構成ユーティリティやレジストリはシステムやインストールされているソフトウェアなどの設定値を操作します。 間違って値を変更や削除をしてしまうとWindowsが起動できなくなってしまう場合もあります。 お客様自身がシステム構成ユーティリティやレジストリの値を変更する場合は弊社では責任を取れませんので自己責任で注意して実行して下さい。

システム構成ユーティリティでの操作
1.スタート → ファイル名を指定して実行をクリック
 ※WindowsVistaやWindows7ではWindowsロゴキー + R を押します。

2.名前の部分に「msconfig」と入力してOKをクリック

3.システム構成ユーティリティが起動しますので、「スタートアップ」タブをクリック

4.スタートアップ項目から停止したいプログラムを見つけ、ボックスのチェックを外す

5.適用ボタンを押して再起動すれば完了
(再起動後、システム構成ユーティリティの確認画面が出ますが、再度表示しないオプションを設定すれば次回から表示されません)


レジストリでの操作
1.スタート → ファイル名を指定して実行をクリック
 ※WindowsVistaやWindows7ではWindowsロゴキー + R を押します。

2.名前の部分に「regedit」と入力してOKをクリック

3.レジストリエディタが起動するので左ペインで以下の2箇所のキーを辿る
HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Run
HKEY_LOCAL_MACHINE \Software \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Run

4.右ペインに表示されるプログラムから目的のものを右クリックして「削除」をクリック

5.レジストリエディタを終了してパソコンを再起動すれば完了

(2012年05月16日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?