パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

パソコンを破棄する方法

TOP便利な使い方 > パソコンを破棄する方法

パソコンを破棄する方法

パソコントラブル出張修理でお伺いしたお客様で、古い壊れたパソコンがあるのだがどうやって捨てればよいかを尋ねられる時があります。 現在パソコンは資源有効利用促進法により、そのまま自治体の不燃ごみや粗大ごみで捨てることはできません。 廃棄する場合には、製造メーカーが引き取ってリサイクルするような仕組みになっています。

しかし、パソコンを廃棄する場合には注意する事があります。 それは、廃棄するパソコンのハードディスクにはいろいろなデータが入ったままの可能性があるという事です。 これは壊れて起動できない状態だったり、データをごみ箱に入れて空にしても復元できてしまう可能性があります。 回収されたパソコンはメーカーによってリサイクルされますが、 一旦手元を離れたものですのでデータが絶対に外部に出ないという保証はありません。 もしご心配なら廃棄する前に、データを完全消去する事をお勧めします。

弊社のパソコントラブル出張修理では、お客様のお宅にお伺いし、 その場でデータの完全消去を行っておりますのでご利用下さい。起動しないパソコンでも結構です。

廃棄するパソコンは、家庭用の場合、平成15年10月以降に製造されたものには 「PCリサイクルマーク」が表示されております。 このPCリサイクルマークがあるパソコンは、メーカーでの回収は無料で行っております。 しかし、それ以前に製造されたパソコンにはPCリサイクルマークはありません。 この場合には回収再資源化料金がかかります。 以下が家庭用パソコンの回収を依頼する場合のメーカーの窓口と料金表となります。

家庭用パソコンを回収する場合の各パソコンメーカーの受付窓口一覧
各パソコンメーカーの回収再資源化料金表

これに対して企業、リース会社、官公庁、自治体、学校、病院などの事業所用のパソコンの場合、 同じくメーカーでの回収になりますが、回収方法や料金は各メーカーによって違っています。
下記の各メーカー受付窓口で確認してください。
事業用パソコンを回収する場合の各パソコンメーカーの受付窓口一覧

パソコンの回収には、上記の他にお勧めのものがあります。 それは、パソコンリサイクルの専門業者に回収してもらう方法です。これらの業者は、家庭用、事業所用に関係なく 壊れたパソコンでも無料で回収をおこなっている所が多く、中には送料も着払いで受け付ける所もあります。 以下にパソコンを回収してくれる業者をご紹介いたします。 回収の条件などがありますので詳しくは、各業者のホームページをご覧下さい。
(2013年3月17日)

パソコン処分.com
パソコン回収.com
パソコンリサイクルセンター
パソコンファーム

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?