パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Windows8のコントロールパネルを表示する方法

TOP便利な使い方Windows8 > Windows8のコントロールパネル

Windows8のコントロールパネルを表示する方法

Windows8でコントロールパネルを起動するにはどうしたらよいのでしょうか。 Windows8は、これまでのWindowsと操作画面が違っているので戸惑うことでしょう。 しかしWindows8には今までの使い方ができるように「デスクトップ」というのが用意されています。 もちろんコントロールパネルも起動できますが、今までのデスクトップ画面と大きく異なるのがスタートメニューがなくなった事です。

今までのWindowsですとコントロールパネルはスタートメニューから起動できたのですが、Windows8ではその起動方法が変りました。 Windows8は起動した状態ですとスタート画面が開きます。この画面はWindows8の新しい操作画面となり、 この画面からコントロールパネルを開くには、下から出るアプリバーの中にある「すべてのアプリ」をクリックします。 (マウス操作でアプリバーを出すにはスタート画面の空いている部分で右クリックします。) インストールされているすべてのアプリが表示されますので、Windowsシステムツールとうカテゴリの中にコントロールパネルがあります。

次はデスクトップを表示した状態でコントロールパネルを出す方法です。 スタート画面の「デスクトップ」アイコンからデスクトップを起動します。画面右側からチャームバーを出して「設定」をクリックすると、 上のほうにコントロールパネルがありますのでそこから起動できます。 (マウス操作でチャームバーを出すには画面右上または右下の隅にマウスを合わせます)

また、デスクトップ画面の左下の隅にマウスを移動させると「スタート」というアイコンが出ます。 これは起動初期のスタート画面に戻るアイコンになりますが、このスタートアイコンが表示されている状態で右クリックすると クイックメニュー出ますので、このクイックメニューからコントロールパネルが起動する事もできます。

Windows8では、特別なショートカットキー操作が追加されました。 そのショートカットキー操作でもコントロールパネルにアクセスするのに便利なショートカットキーがあります。 いずれの操作もデスクトップを表示した状態で行います。 まずはチャームバーの設定からコントロールパネルを表示する方法ですが、 Windowsキー(Windowsロゴがあるキー)を押しながら「I」キーを押す方法です。この操作で、チャームバーの設定でコントロールパネルに フォーカスがある状態で開きますのでエンターキーを押せばコントロールパネルが起動します。 もうひとつの方法は、Windowsキーを押しながら「X」キーを押す方法です。 この方法では左下にクイックメニューが出ますのでコントロールパネルにフォーカスを合わせてエンターキーを押せばOKです。 ショートカットキーについては詳しくはWindows8のショートカットキーをご覧ください。
(2013年04月25日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?