パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Windows8を完全にシャットダウンする方法

TOP便利な使い方Windows8 > Windows8の完全シャットダウン

Windows8を完全にシャットダウンする方法

Windows8をシャットダウンする方法は、チャームバー(右側から出るメニュー)を出して、「設定」→「電源」→「シャットダウン」 とクリックするとシャットダウンできます。しかし、Windows8は標準設定で高速スタートアップするように設定されている為、 このシャットダウンの方法では完全にシャットダウンされているわけではありません。

通常の使用にはまったく問題はないのですが、例えばメモリの増設・交換や、拡張ボードを追加で接続したい場合などの ハードウェアの構成に変化があるような作業をする前には完全にシャットダウンさせた状態で作業をしたほうが良いでしょう。 まずはデフォルトの高速スタートを変更する方法を見てみましょう。

1.スタート画面の空いている場所で右クリックし、下から出るアプリバーにある「すべてのアプリ」をクリックします。

2.「Windows簡単操作」のグループにある「コントロールパネル」をクリックします。

3.デスクトップが表示されてコントロールパネルが起動されます。

4.コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」→「電源ボタンの動作の選択」とクリックします。

5.下方に「シャットダウン設定」がありますので、「高速スタートアップを有効にする」というチェックボックスに チェックが入った状態がデフォルトで設定されている高速スタートアップです。 このチェックを外して変更の保存ボタンをクリックすれば、チャームバーからのシャットダウンでも完全なシャットダウンをするようになります。

しかし、このデフォルト値を変更するよりも簡単に完全シャットダウンをする方法があります。 完全シャットダウンは先ほど述べましたように、ハードウェアの変更があった場合などですので 通常は高速スタートアップを有効にしておいて、必要な時だけ完全シャットダウンをすれば良いわけです。 実はWindows8には、その都度に完全シャットダウンするメニューがありますので次にそれをご紹介します。

1.「チャームバー」→「PC設定の変更」→左メニューから「全般」をクリックします。

2.右側最下位にある「PCの起動をカスタマイズする」という中にある「今すぐ再起動する」をクリックします。

3.オプションの選択画面の中にある「PCの電源を切る」をクリックをすれば今回だけの完全シャットダウンになります。 この方法は、先ほどの高速スタートアップのデフォルト値を変更しませんので必要な時だけ完全シャットダウンする時に便利です。
(2013年04月21日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?