パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Windows8のスタートアップにプログラムを追加する方法

TOP便利な使い方Windows8 > スタートアップにプログラムを追加

Windows8のスタートアップにプログラムを追加する方法

パソコントラブルの出張修理にお伺いした際、修理内容とは別の質問も受ける事がよくあります。 Windows8に関した質問も多くなってきました。 その中の一つで、スタートアップがなくなったというものがあります。

Windows7までのWindowsには、スタートメニューのすべてのプログラム内に、「スタートアップ」というフォルダがあります。 このフォルダ内に起動したいソフトのショートカットアイコンを入れておくと、 Windowsが起動した直後にここに登録されたソフトが自動的に実行され、パソコンを起動してすぐに使いたいソフトや、 バックグランドで実行したいモジュールなどを起動する手間が省ける便利な機能です。

しかし、Windows8になってからは、デスクトップのスタートメニューがなくなった事により、 このスタートアップもなくなり、ユーザーが自分でパソコン起動時に自動実行させたいプログラムがあっても 簡単に登録することができなくなってしまいました。

実は、スタートアップがなくなっても、スタートアップフォルダ自体はなくなっておらず、 このスタートアップフォルダに起動したいソフトのショートカットアイコンをコピーする事で、 パソコン起動時に自動的にスタートさせる事ができるようになっています。

では、このスタートアップフォルダの場所ですが、エクスプローラで表示できるのですが、 実はスタートアップフォルダは、上位フォルダが隠しフォルダになっているため、Windows8の設定が標準のままでは見えなくなっています。 最初にこの隠しフォルダを見えるようにしてからフォルダを辿って行きます。

1.デスクトップを表示し、デスクトップ上に「コンピュータ」があればクリックします。なければタスクバーから エクスプローラ(フォルダの形をしたアイコン)をクリックし、左ペインにある「コンピュータ」をクリックしておきます。

2.メニューの「表示」をクリックし、「隠しファイル」のチェックボックにチェックを入れます。

3.右ペインから次のフォルダを順番にクリックして辿ります。
Cドライブ → ユーザー → ユーザー名(これは自分のユーザー名) → AppData → Roaming → Microsoft → Windows →  スタート メニュー → プログラム → スタートアップ

4.この「スタートアップ」フォルダに起動したいプログラムのショートカットアイコンを入れればOKです。
(2013年3月22日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?